HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ビックキーワードとスモールキーワード

7c499bf8c66c78d9448425b2ab96d1d4_m  

スモールキーワードでロングテールでSEO対策!

  検索キーワードには、ビッグキーワードとスモールキーワードの2種類が存在します。   ビッグキーワードは、 「美容院」「行政書士」「弁護士」「自動車」 などの検索数が非常に多い単一のキーワードのことをいいます。   スモールキーワードとは、 ビッグキーワードのあとにつく場所など購入や問い合わせのアクションを起こす可能性の高 い、明確な意思をもって何かを調べているキーワードのことをいいます。   ここで狙うべきなのはスモールキーワードです。   ビッグキーワードは、時間も費用も労力もかかり効率がよくありません。 なので、自分のサービスに合い、自分が調べるならどのようなキーワードかをよく考え候補 を出すのです。   同じようなキーワードだとすると難易度というものが変わってきます。 キーワードが似ていても比べてみると検索数が圧倒的に違ったりするという場合があります。 その場合、費用は同じでも結果が全く違ってくるのです。その時は難易度対策チェックツール を使い調べることが必要です。   売れるキーワードと売れないキーワード、一文字違うだけでキーワードというものは重要です。 売れるキーワードというのは、 「購入」「通販」「地域の名」が入っているものは基本的に利用する意思がとても高いという ことがうかがえます。   逆に売れないキーワードというのは、検索目的が曖昧、特定のサイトを表しているキーワード などというものです。 勘違いや思い込みで間違っていないかというのもきちんと調べておきましょう。 「ベッド」と「ベット」でも必ず違ってきます。勘違いキーワードですと検索エンジンで補正 されてしまう可能性が多いです。 基本的にはキーワードにしないほうがいいのです。   キーワードというのはSEO対策をするうえで1番重要になってくることなのです。   どれをキーワードにするかをよく考えたうえで最善のキーワードを選定しましょう。  
お問い合わせ