HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ホームページが持つべき三つの目的とは

自社のホームページを作ろうと思い立っても、何をすべきなのか目的を見失ってしまうことがしばしばあります。熱意のままに制作するのではなく、企業のホームページが持つべき三つの目的を知り、自社の製品やサービスをどのようにアピールしていくか、よく考えてみてください。

第一の目的は、ユーザーにアクションを起こさせること

ホームページを制作し運営する目的としては、商品を販売するというケースが最も分かりやすい具体例です。購入ではなく、会員登録をして貰う、あるいは契約に関する問い合わせの連絡を貰うといったケースもありますので、「うちは物品を販売するネットショップじゃないから当てはまらない」と思ってしまうのは早計です。つまり、ホームページを通じて、企業が期待するアクションを起こして貰うことが目的なのです。 特に実店舗を持たない企業の場合はこういった目的のために、より良いホームページを作成し、商品やサービスの価値を理解して貰う必要があります。他と同じようだな、なんとなく信用できないな、と思われてしまっては、販売機会を逸してしまうからです。 昨今はスマートフォンなどを通勤通学時に利用する人も増え、ネットショッピングなども一般的になっているため、ホームページを販路の一つとして考える企業は、老舗の企業にも多く見られます。

第二の目的は、より多くの人に情報を伝え、信頼を得ること

かつて、インターネットが普及していなかった黎明期や、ネット回線が貧弱だった頃は、ホームページで表現できることは限られていましたし、実店舗や電話応対、あるいはパンフレットやチラシ、新聞や雑誌などの紙媒体を用いて、企業や商品の説明をすることが通常行われる情報発信方法でした。 しかしインターネットの普及率が高くなってからは、それまでの情報発信方法よりも安価に対応できる、ホームページによる対応が広まりました。かつてパソコンやインターネットはマニアックなイメージが付きまとっていましたが、今では手軽にいつでも見られる情報発信の場として、企業側とユーザー側の双方の利害が一致している状態にあります。 また企業のコンプライアンスや財務情報などを公開することで、一般消費者は元より、投資家や株主、就職活動をしている人などにもアピールできますし、企業の信頼感を高めていると言っても過言ではないのです。

第三の目的は、消費者のニーズなどを汲み取ること

商品やサービスは、そのままでもユーザーに愛されることもありますが、中には全く受け入れて貰えないこともあります。また、一つのヒット商品が出た後で、次のヒット商品がなかなか生まれずに苦労すると言うことも少なくありません。 そういった消費者のニーズや傾向を分析するマーケティングは、かつて統計データに基づく方法と、企業側の発想力などに基づく方法の二種類が基本でした。 しかしホームページが発達し、様々な形で企業とユーザーが交流できるようになってからは、ホームページを通してユーザーのニーズや動向を分析しやすくなりました。キーワードの検索数や、アクセスの多いページなどから、どのような層の人が何を求めているかという情報を収集しやすくなったのです。情報の即時性も高まったためニーズを汲み取りやすくなりましたし、むしろホームページを、汲み取るための手法として利用することが大切になっています。
お問い合わせ