HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ホームページとウェブサイトはどう違うのか知っておこう

ホームページはブラウザを起動した時に一番最初に表示されるページになります。そしてウェブサイトはウェブページ全体のことであり、ウェブページの集まりで構成されています。なので、ホームページ=ウェブサイトではありません。

ホームページとはどんなものなのか

インターネット上には情報を閲覧する事ができるホームページとウェブサイトというものがあります。これらのものは一見同じように見えますが、少し違いがあるのです。 ホームページの本来の意味はブラウザを立ち上げた時に一番最初表示されるページのことです。ホームページは自分で設定する事が出来ます。 ちなみにブラウザというのはインターネットをするためのアプリケーションであり、Firefoxやインターネットエクスプローラーなどのことです。なのでホームページというのは自分が設定したページのことであって、Googleなどを最初のページに設定した場合はこのGoogleのページがホームページになります。 またYahoo japanを最初に設定した場合は、これがホームページになります。

ウェブサイトとはなんなのか

一方ウェブサイトというものはワールド・ワイド・ウェブと呼ばれており、これはそれぞれのドメインで運営しているウェブページのことをいいます。ワールド・ワイド・ウェブを略したものがwwwで、特定のドメインを使って運営しているウェブページ全体のことをになるのです。 例にあげてみるとwww.yahoo.co.jpなどのウェブサイトで略してサイトと呼ぶ場合もあります。その他にもウェブページというものもあるのですが、こちらはウェブサイト内の1つのページのことになるのです。 ウェブページがたくさん集まってできたものがウェブサイトであって、各ウェブページをまとめてひとくくりにしている集合体と考えるとわかりやすいでしょう。

まとめて考えてみよう

ホームページとウェブサイトの違いをまとめてみると、ホームページというのはブラウザを起動した時に一番最初に画面に出てくるウェブサイトのページになります。これは自分で設定できるので、どのウェブサイトを表示してもホームページとして扱われるのです。 ウェブサイトはページ全体の事を言いウェブページの集合体になります。ウェブページはウェブサイト内の個々のページのことであり、それらをすべてひっくるめてウェブサイトになっているのです。 ちなみにウェブサイト内にあるウェブページを、ブラウザを立ち上げた時のトップページに設定した場合はそれがホームページとなります。ウェブサイトやウェブページをイメージして「ホームページ」と表現すると行き違うこともあるので注意しておきましょう。
お問い合わせ