HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ホームページをリニューアルされたい会社さん!

77ee5661f7eb4127467864d54f38c1b3_m  

ホームページをリニューアルするタイミング

  ホームページをリニューアルしたいと思っている会社さんも多いと思います。   ホームページをリニューアルするタイミングに関しては様々な理由があると思います。   たとえばホームページを公開してから、「情報が古くなった」「デザインが古くなった」 色々な事が考えられます。   ホームページの世界も携帯電話などと一緒で新しいデザインや機能など常に進化してい ます。   ですので、ここではホームページのリニューアルに関して考えてみたいと思います。    

デザイン

  まずはデザインに関連してリニューアルをお考えのお客様が挙げられます。   ホームページのデザインに関してみると、デザインが古くなってしまうと、他社のサイ トに流れてしまう可能性が高くなってしまいます。   携帯電話を例にとってみるとiphoneが登場した際には素晴らしいデザインと言われ、多 くのユーザーがiphoneに流れていきました。     また自分が何かを検索する際の事を考えてみてください。   あまり綺麗でないサイトや古いデザインのホームページを見る時、なんとなく違うペー ジに行った経験がある方も多いと思います。     ホームページのデザインが悪いとそれだけでいい商品を売っていても他社の商品に負けて しまいます。   ホームページの出来が商品の出来と思われてしまう可能性が高くなります。    

機能

  次にホームページの機能面について考えてみます。   ネット社会は常に新しいサービスが登場しています。 通常のサービスより廃れ、流行りが変化するスピードが速くなっていると言われています。     昔はなかった機能が突如現れることもよくあります。   近年で話題になっているのはWordpressと言われているツールになります。   今までホームページを作成するにはhtmlという言語をわかっていなければならなく、非 常にわかりづらく専門性が高いものになっていました。     しかしwordpressに関してはEXCEL,WORDの要領と一緒で、簡単に文字の編集や画像の 挿入などホームページを更新出来るツールとして、脚光を浴びています。   こういった点でも新しいサービスがどんどん登場しているので、ホームページをリニュー アルするタイミングとしては妥当であるといえます。    

ホームページの集客効果

  最後に効果について考えてみます。一番リニューアルの依頼を多く頂くケースは今持って いるホームページに効果がないというケースです。   ホームページの効果等が十分ではないケースには色々なケースがあります。   たとえば、SEO対策をしているのに、流入が少なかったりする場合にはもちろんキーワー ド等の変更が必要になります。   また、流入が多いのにコンバージョンが少ない場合にはサイトそのものを改善する必要が あるかもしれません。   このように効果が上がらないホームページを持っているお客様が心機一転でホームページ をリニューアルするパターンが多くなっています。      

リニューアルの際のポイント

  デザイン、機能、効果など様々な要素によってリニューアルするタイミングについてお話 しましたが、ここでは具体的にホームページを改善する際のポイントにとして何を基準に 考えたらよいのか見てみましょう。    

解析ツールの活用

  まず一つ目としては多くのホームページに導入されている解析ツールを使ってどこを改善 するか検討することが出来ます。   googleアナリティクスが一般的に解析ツールとして使われている会社さんが多いです。   このように解析ツールを使えば、ウェブページのページビューやユーザー数を調べること が出来ます。     またサイト内でどのページを経由してコンバージョンに至ったのかわかるようになります。   Googleアナリティクスはホームページをリニューアルする際に役立つ情報を提供してくれ ます。    

解析ツールの活用2

  解析ツールではどのページでユーザーが離脱したのかなど細かく確認することが出来ます。   その上で重要になってくる部分は直帰率という項目です。   そもそも直帰率とは、単純にユーザーがページに流入してきて、どのくらいのユーザーが そのページから離脱したのかという割合の事です。   まずは、解析ツールでどのページで離脱したのか確認してみましょう。   解析ツールではページごとにどのページが悪いかがわかるようになっているので改善がし やすくなっています。     またページを改善する際には問い合わせフォームもよく確認してみる必要があります。   要は問い合わせフォームとはコンバージョンするかしないかというページになります。     たとえばよくあるケースですと、問い合わせページが長すぎたり、見づらかったりする のが原因で問い合わせフォームから離脱してしまうケースが多いです。     解析ツールではどこまで記入して離脱してしまったのかまで追うことが出来るのでペー ジ改善する際の強い味方となってくれるでしょう。    

効果を出すページ作り

  先ほども触れた通り、効果を出すページ作りというのが一番重要なことになっています。   効果出ていないというのは 「キーワードがよくない」 「コンバージョンが少ない」 「そもそも流入が少ない」 「費用をあまりかけられていない」 「デザインに問題がある」 等さまざまな問題点があると思います。     そのような問題点がある場合は一度ホームページのリニューアルを検討する必要がある と思います。   是非一度無料で相談にのりますので、お気軽にご相談下さい。    
お問い合わせ