HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ホームページ見やすくするには色使いが重要!

背景色がサイトの印象を大きく左右する

  ホームページ制作において悩みどころの一つが色使いで、多くのサイトで見かける白背景だけでなく、   可愛らしい印象のピンク系や黄色系、引き締まった印象を受ける黒系、   革命的な雰囲気が漂う赤系など豊富にあります。   色使いはトレンドがあり、その時々によって広く使用される背景色がことなることもありますが、   運用しているホームページの種類でも異なります。   例えば、飲食店などでは食欲を増す効果があると言われる暖色系を用いることが多く、   医療関係であれば清潔感をイメージさせる青色や緑色を用いることが多いと言われています。   サイトの用途に合わせて背景色を変更することは、サイトの滞在時間が延びる、   購買意欲をそそる、リピート率を上げるなどの効果が期待できますので重要です。   また、色合いは男性と女性とで感じ方が違うことも意識しておきましょう。    

男女で物の見え方が違うことを意識

  性別による違いは見た目だけでなく、内面的な部分でも様々ありますが、   色の見え方も違うと言われています。例えば、緑色の芝生を見た際に、   男性の場合は黄色に近く見える一方で女性は青色に近く見えると言われています。   特に女性は色の違いについて敏感な反応を示すと言われており、   微妙な色合いの識別能力が高いようです。   このことはサイト作成においては大きな問題とはならないかもしれませんが、   徹底的に突き詰めていきたい方にとっては意識しておくと良いかもしれません。   また、同じ緑色であっても暗い緑色があれば明るいものもありますし、鮮やかさが違うものもあります。   このような色相環を考えると、ホームページの配色は奥が深いものと言え、   さらに頭を悩ますことになりますが、人によって色の見え方が違うということで割り切ってしまうのも良いでしょう。    

目的によって色使いを変えるべし

  サイトの種別によって適した背景色に変えることは、ユーザーにも制作サイドにとっても良いものと言えます。   また、サイト内のコンテンツの文字色、リンクの色、強調したい部分の色使いなどを変えることもまた重要です。   基本的にコンテンツの色は背景色と対照的な色を用いることで見やすくはなりますが、   ハッキリとしすぎるコントラストは目が疲れる要因となってユーザーが早々にページ離脱する可能性があります。   また、リンクの色もサイトイメージに合わせた色にすることが多いですが、   一般的に使われる青色系統が良いと言われています。ただ、青色系統といってもたくさんの色があり、   クリックされる確率が変わってくるようです。   リンク先の色はサイト内の循環を促したり、販売に繋がったりということで収益に直結する部分でもありますので、   慎重に熟慮したいものです。また、コンテンツ部分で強調したい文字についてはリンク文字の色とは違う色を使うのが無難で、   混同されないように気をつけましょう。       このように、背景色とそれぞれの部分との色合いを考えることが、最良の結果を得ることに繋がるのかもしれません。
お問い合わせ