HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ポイントを抑えたロングテールSEO戦略を

b2e5e9fe1796211b3a9ea862abbdf420_m  

個人が企業相手にSEOで上回るにはロングテール キーワード戦略

ホームページを作る場合にキーワードを含めて作成するのは多くの方が実践していること ですが、そのキーワードはどのように決定しているでしょうか。   例えば、「美容」や「通販」といったページを作りたいという場合、個人の方が単一キー ワードで企業や業者と競うというのは難しいものがあります。   これらのいわゆるビッグキーワードというものは企業などがSEOを協力にかけていますの で、個人が立ち向かうには少々分が悪いものです。   だからといって諦めていては何も始まりません。 個人でもできることを考えましょう。 個人が企業の上を行くために必要なのがロングテールSEOという戦略です。   ロングテールSEOというのはいわゆる複合キーワードを用いてコンテンツを作成する手法 であり、これを確実に行っていけば十分に望むアクセスを集められ、結果的に上位表示さ せることも可能になります。  

ロングテールSEOを続けると思わぬ効果があることも

  では具体的にどのような方法でロングテールSEOを行っていけば良いのかということにな りますが、まずはページを量産することを意識することが大切です。   だからと言って何でも良いという訳ではなく、サイトにマッチしたページを量産する必要 があります。     例えば「美容」のサイトを作って関連商品の販売をしたいのであれば、 「美容+商品名+口コミ」 といったような複合キーワードを用います。   さらに 「美容+商品名+最安値」 なども良いでしょう。     検索するユーザーの気持ちになって、どのような言葉で検索するのかをイメージし、それ に合わせたコンテンツの作成が大切になります。     これを行なうことはページ数が増えてSEO的に強くなることも期待できますが、実はそれ だけでなく、作成者は意図していなかったものの、作り続けていくうちにサイト自体の専 門性が高まることもあります。     結果的にサイトが検索エンジンに高い評価を得ることもありえるのです。  

SEO効果を高めるロングテールキーワードのコンテンツ作成の注意点

  ロングテールSEOの基本はページの量産ではありますが、注意しなければいけないことも あります。   なかでも気をつけるべき部分が「中身」です。     キーワードに沿った内容のコンテンツを作成しているものの、ありふれた内容や誰でも 知っているような内容であれば検索エンジンからもユーザーからも評価されることはあ りません。   特に気をつけなければならないのが、重複です。   他所様のサイトを参照してコンテンツ作成をする場合もあるかもしれませんが、その場合 に参照程度であれば良いのですが、コピーコンテンツと判断されてしまうと検索エンジン から弾かれてしまい、サイト自体が検索結果に表示されなくなるというリスクもあります。     場合によっては著作権の侵害で訴えられる可能性もありますからコピーサイトの作成は避 けましょう。     検索エンジンに評価をされ、しかもユーザーの満足度も上げることがロングテールSEOには 望ましく、そのためにはオリジナルの記事であること、専門性が高い記事ではあるものの、 できるだけ 初心者でも分かるように難しい専門用語を使わないこと が大切です。
お問い合わせ