HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

リスティング広告は、キーワード選定がとても大切です!

34df76ffb5bcaa68549b5d2fcbce2df9_m  

リスティング広告の対策キーワード|検索連動型広告

  検索連動型広告でユーザーを自分の広告を見てもらい、そこからサイトへ導いていく のに大切なのが言葉だ。   売り上げを上げたいと誰もが思うでしょう。 そう思うなら   検索連動型広告の言葉 いわゆるキーワードをじっくり考えていくことが 大切な要素 なのだ。  

検索語句とキーワード

  検索連動型広告において、Yahoo!やGoogleでユーザーが調べるものを検索語句といい、 広告主である自分たちが登録する語句をキーワードという。   ユーザーが調べたときの検索語句と広告主の登録したキーワードの関連性をYahoo!や Googleの技術が見極めて検索結果画面に広告が表示されるのである。    

ビッグワードとスモールワード

  検索エンジンを使う上で、ビッグワードとスモールワードが必ずでてくる。   ビッグワードというのは、「パソコン」というような明らかに検索件数が多いと予想 できる言葉のことをいう。   スモールワードというのは、「パソコン 通販 格安」などといった、 パソコンのあとにつく通販や格安といった絞られた検索をする言葉をいう。  

ビッグワードとスモールワードのユーザーの想い

  ビッグワードとスモールワードを検索するユーザーは、それぞれ全く意図が違う。 ビッグワードというとこれは「パソコン」というのが何なのかを知りたいときに調べ たり、特に買う意思がないというときに調べることのが多いことがわかる。     しかしスモールワードはどうでしょう。   「パソコン 通販 格安」と調べるとこれはユーザーに少なからず買う欲求があるこ とがわかる。   というとまず初めにやることはこのスモールワードを中心に考えていくことだ。   そこから慣れてきたらビッグワードもきちんと考え取り組んでいくことも必要になる だろう。   ここで一番いいたいのは、 ユーザーの気持ちを考え意図を読み取ることが重要だということだ。    
お問い合わせ