HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

リスティング広告を最大限に生かすキーワード選定

eecc26b8a52780bc991bbce22c17a3b1_m  

キーワードの伝えたいことを考える

  検索エンジンを利用するときは、たいていの人は知らないことを知ろうとしたりその後 「~したい」となった時であろう。   今は、スマートフォンも普及してきたためすぐになんでも調べられる世の中になっている。   知りたい情報がすぐにキャッチすることができるのだ。     季節に関係していることや「父の日」といった行事が確定して一時期しか需要がないとい うことも出てくる。   人気度もそれだけ変わってくる。   そしてキーワードが意味している背景も理解しておかなければならない。   格安とデザインはくらべると意味は全く違うものです。   デザインを気にしているのか、それともとりあえず安くおさえたいのか。   それは自社のサービス内容にマッチするように考えてキーワードをリストアップしていき ましょう。  

必要なキーワードなのかそれとも不要なのか。

  キーワードをいくつか出したところで、 そこから必要なもの不要なものをもう一度考えて みる。   キーワードの中に言い回しとしては同じものというものがいくつか出てくると思う。   たとえば「激安」「格安」これはほとんど同じことでしょう。 または一緒に間違えやすい綴りもチェックしておいたほうが良いでしょう。   次に、集めたキーワードの中から関連性の低いキーワードは省いていくことが必要だ。 関連性が低いキーワードというのは、自社で提供できるサービスや商品とそのキーワード の意図が離れている言葉だ。   最後にその言葉が本当に必要なのか確認する。 考えて考えて出したキーワードが、もしかしたら検索されないものであっては全く意味が ない。 逆に検索数が多すぎる意味が広いものでもリスティング広告にはふさわしくはない。   ここでおすすめしたいのがキーワードプランナーや キーワードウォッチャーという分析ツールである。   これを使い検索回数などを調べてより最適なキーワードを決めることができる。      
お問い合わせ