HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

中古ドメイン、新規ドメインの使い方!

9747977_l  

中古ドメインと新規ドメインの活用法

  サイトを作成する前にできることはたくさんあります。   それを行うか行わないかでSEO対策にとても影響してきます。   中古ドメインについて先にお話ししたいと思います。     中古ドメインを利用して構築することで新規ドメインより早くより効果的にSEO効果を発 揮することができるのです。   中古ドメインとは、過去にほかのサイト運営者が利用していたドメインのことを言います。   中古ドメインは、ページランクが3~4程度のものをおすすめしています。   しかし、1つ気をつけておきたいことがあります。   それは、そのドメインをそのまま使用するとサイトのコンテンツとドメインが全く違うも のになるという可能性が出てきます。   そうすると利用者の信頼を失いまたは、不安感を与えてしまいSEO対策ができていても意 味がありません。   となると中古ドメインをそのまま構築するのではなく、新規ドメインを取得してサイトを 構築するのも良いでしょう。   そこで新規ドメインを取得する際の注意点を4つお伝えします。     1つは、ドメインには大文字をいれてはいけません。 正式な名称が大文字だったとしても小文字にすることでSEOの効果がアップします。     2つめは、日本語を意味する英語やローマ字を入れることです。 上位表示したいキーワードをローマ字や英語で入れると Googleは英語と日本語の違いを見抜いてくれるので微力だが検索結果に影響するのです。     3つめは、日本語ドメインも有効だということです。 日本語のドメインを取得してもSEOに関してマイナス要素は一切ありません。 しかし日本語ドメインですとメールアドレスには使用できないので 英語のドメインを別に取得してアカウントを作成することが必要です。   4つめは、中古ドメインから301リダイレクトを送ることです。 これをすることで、中古ドメインのページランクを引き継いだ新規ドメインが完成するのです。 ページランクを更新すると中古ドメインのページランクに近いページランクに一気にあがるのです。      
お問い合わせ