HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

楽天、amazon、yahooなどに店舗を出したい会社さん!

”„“X   楽天、amazon、yahooなどのネットショップに出店されている企業さんも増えてきました。   近年では2013年のYahoo!ショッピングへのストア出店料無料化やストアの売上げロイヤリ ティが無料化させるというニュースが発表されて、今後のネットショップに動向が集まっ ています。   まずはネットショップの動向から確認していきたいと思います。    

ネットショップの動向

yahooショッピングの攻勢

  先程触れたYahoo!ショッピングへのストア出店料無料化(初期費用・月額が無料に)スト アの売上げロイヤリティの無料化について考えてみたいと思います。   事の発端は2013年の10月に孫さんの会見にあります。     孫さんは、「古来より、場を提供する者が利益を得てきた」として、現在でも商業施設に 出店するには出店費用が必要であり、eコマースにも出店料や売上ロイヤルティといった 場代が存在する」と説明しました。また、「我々はeコマース革命を提案したい」と発言 して、孫さんは無料化に踏み切りました。 (孫さん会見より引用)     具体的に言えばYahoo!ショッピングではこれまで有料だった出店料(初期費用2万1000円、 月額費用2万5000円)と、売上ロイヤルティ(売上の1.7~6.0%)を無料化すると説明して います。   またヤフオク!についても、 ストア出店料(月額1万8900円)や個人の出品時の手数料(10.5円)を無料化すると発表さ れています。    

ネットショップの今後

  Yahooショッピングの攻勢により、今後のネットショップの覇権争いに注目が集まっていま す。   ここでは、Yahooの無料化後のそれぞれの料金について考えてみたいと思います。   ネットショッピング 比較 (eコマースコンバージョンラボより引用) ネットショッピング 比較2 (eコマースコンバージョンラボより引用)   このように出店費用に関してみると、楽天・amazonが有料なのに対してyahooショッピン グの無料というインパクトはすごく大きいと思います。   yahooショッピングの無料化によって一定数の出展者が移動したと言われています。   次に流通シェアについて考えてみると、yahooショッピングは楽天・amazonに大きく差を つけられています。   yahooショッピングの無料化の攻勢により、これからのyahooのシェア奪還に注目集められ ています。   このようにネットショップは当分勢いを保ったまま推移することが予想されます。    

ネットショップのメリット・デメリット

  ネットショップの動向について確認してきましたが、ここではネットショップのメリット ・デメリットについて考えていきたいと思います。    

メリット 知名度を生かした集客力

  大手ネットショップのメリットに関しては、知名度を生かして集客することが出来るとい う点があげられます。   自分で広告を出したり宣伝活動をしなくてもネットショップがメディアに取り上げられる こともあるので、知名度を生かした集客力があるといえます。   スタート時点で、新宿の1等地に店舗を持てるのか、はたまた無人島に店舗を持つのかそ のくらい違いがあります。   また、大手ネットショップでは出店審査を設けています。   そのため審査の段階で違法な会社等を排除することが出来ています。そのため出店してい るだけで、ユーザーからの信頼を得ることが出来ます。     そのような安心感もあり、ユーザーが買い物をするときは、とりあえず楽天・amazon・ yahooショッピングをブックマークに登録していて、そこから買い物をするというケースは すごく多いと思います。     自社の事をまったく知らない状況でもユーザーが検索するキーワードに合致している商品で あれば購入してもらえるチャンスがあるといえます。    

デメリット 競合との戦い・出店費用負担

  ただしネットショップを使うメリットしかないわけではありません。   新宿の一等地に店舗を出すことは出来ますが、同様に新宿の一等地に店舗を出している会 社があるということです。   つまりネットショップ内には自分が出す店舗と同じような業種の店舗がすでに出店してい るということです。   その中で戦いに勝たないといけないということです。   たとえば楽天市場は、出店店舗が4万店舗は越えています。   4万店舗の中でいかに自社独自のものを出せるか、ユーザーに対して差異化を見せられる かというところが勝負を分けてきます。   また、市場内で広告を出すことも可能ではあるのでそういったものを活用することも選択 肢に入れてもいいかもしれません。     また、競合との戦いに勝つことももちろんですが、出店費用を負担するということも考え なければなりません。   先ほども触れている部分でありますが、yahooショッピングに関して出店費用はかかりま せん。   しかし楽天市場やamazonに出店する際には出店費用はかかります。   費用の兼ね合いも考えていく必要があります。  
お問い合わせ