HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

2015年ユーザーに支持を得ているトレンドデザインの傾向は

ウェブサイトのデザイントレンドは日進月歩で変化するといわれています。表示するデバイスもスマートフォンが主流になりそこでの見やすさが重視されるようになっています。では2015年のトレンドデザインにはどのようなものがあるでしょうか。

フラットデザインでシンプルかつ軽快なレスポンスを

2015年にウェブ業界デザインの主流となっている一つのデザイン例は、Windows8から続くフラットデザインです。 非常にシンプルなロゴやボタンを配置し、テキストによる補助表示も極力配したボタンやレイアウトを追求したものです。アイコンも見た目のイメージで機能を伝えるようなものになっています。それまでの情報をとにかく伝えるようなウェブのデザインとは真逆の方向性ですが、これには大きなメリットがあります。 スマートフォンでウェブを見るにあたっては、パソコンより機能が劣るため情報量や装飾が多いと読み込みに時間がかかります。しかしフラットデザインはCSSでの装飾がメインであり、ページの容量が少ないので、表示に時間がかかりにくく、また操作時のレスポンス性も優れているのです。

スマホ、PC両方に対応できるタイルレイアウト

スマートフォンでウェブを見る人が増えましたが、もちろんPCで閲覧する人も以前多くいます。企業としては両方のユーザー向けにサイトを開発する必要がありますが、そうすると2度手間になり費用も多くかかってしまうこともあります。 それに対応するのがタイルレイアウトです。フェイスブックのように様々な情報を表示するタイルがあるようなスタイルは、PC、スマホ両方にレイアウトが対応できるレスポンシブデザインにしても視認性が低くなりにくいです。 たとえなスマホで読み込んだ際にはそれぞれのボタンやコーナーが縦に配置されていき、PCでは左右各所に配置されていくので、一種類のページファイルを用意するだけで、どちらのデバイスでも見やすくなります。

カラム構成もシンプルに

PCがウェブ閲覧の主流だった頃はサイトの最初に表示されるファーストビューが非常に重要で、そこに必須の情報をとにかく詰め込んでいました。カラムも左右にあり3カラムだったりして、比較的複雑な構造のサイトが多くありました。 しかしスマートフォンが普及し、ユーザーが情報を探す時には左右を見るのではなく、直感的に下にスクロールさせることに抵抗が無くなってきています。ですので、ウェブの構造もカラムを多く設け、一気に見せられるように分割するのではなく、下にスクロールするごとに、徐々に情報を提示して読み込んでもらうような構成のものが増えています。 スマートフォンの普及でスクロールビューが当たり前の認識として、ユーザーに広がっているのです。
お問い合わせ