HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

ECサイトはショッピングモールに出店?それとも独自運営?

ショッピングモールに出店するメリット

  ECサイトは直営で運営する方も多くいる一方で、   楽天市場やYahoo!ショッピングといったショッピングモールを利用する方も多くいます。   ショッピングモールの利用はテナントとして場所を借りてお店を開くもので、   いわゆるデパートの中の一部を店子として借りてお店を開くのと同じ考え方です。   これの最大のメリットが集客が見込めることです。   企業や個人が独自でECサイトを立ちあげてから集客に至るまで、場合によっては長い期間が必要となりますが、   最初からあるショッピングモールへの出店ができることは大きなメリットと考えてよいでしょう。   但し、これはデメリットと表裏一体で、ショッピングモールには多くのお店が出店していますので、   明確な差別化を図る必要があります。    

独自にECサイトを運営するメリット

  ECサイトを独自の色を出したい方にとっては良い方法と言えるもので、   モールに入らずに独自の運営をすることは、人によってはショップイメージを向上するのに効果が期待できます。   デザインやサイト構造の自由度はショッピングモールに入って運営するのとは比べ物にならないほど自由です。   また、独自の運営ですから管理費用を抑えることが可能になり、   ゆくゆくは自社ブランドとして大きく育てられる可能性があります。   但し、あくまでも可能性であり、実際に育てるのは簡単ではありません。   そのため、何らかの実店舗を運営している方が、その商品を宣伝するために活用する方も多く、   ネットショップとの相乗効果を狙う施策と捉えるのも一つの方法となるでしょう。    

結局はショッピングモールと独自運営どちらが良い?

  最終的な判断としてはECサイトの立ち上げは何のために行なうのかを考えることが重要になるでしょう。   集客と利益の向上を狙うということであればショッピングモールの方が良いですし、   ブランドイメージを高め、固定客を増やすことを狙いとするのであれば独自運営の方が良いでしょう。   また、予算から考えるというのも一つの方法となり得ます。   というのは、ショッピングモールの場合は維持管理費が高くなりがちですが、   宣伝効果により集客が期待できます。楽天市場などはネームバリューがありますので、   短期間での収益増が期待できるでしょうし、サイト構築に関する手間が省けるというのも大きな魅力と言えます。   その一方で、あまり予算をかけることなく開業したいのであれば独自運営が適しており、   面倒な部分は多いものの、低コストで始められるだけでなく、   時間がかかったとしても軌道に乗れば大きな収益となりますので、まさにローリスクハイリターンが期待できます。   このように、それぞれの特徴と予算とを考慮して比較検討するのも良いかもしれません。
お問い合わせ