HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

SEOの内部対策|タグの使い方

images  

titleタグ、h1タグなどの使い方

内部対策は、サイトの構造など施策したりしてお金をかけることなく対策をすることがで きます。   ほとんどペナルティーはありませんので丁寧に対策することで効果がでてくるものです。   まず初めに考えるのがサイトタイトルです。   サイトタイトルというのは、Yahoo!やGoogleで検索した時の検索画面のところにでるも のです。   このサイトタイトルには初めに決めたキーワードを入れるよう考えなければなりません。   キーワードは2個入れるように多くも少なくもよくありません。文字数は18〜35文 字の間が最適です。   タイトル作るうえでの良い構成は、「サイト名|キャッチコピー」です。   このことをふまえサイトタイトルをまず考えるのです。   h1・h2・h3タグは見出しタグと呼ばれレポートでもあるようにサイトでも大見出し、小 見出しなどと見出しをつけることができます。   特にh1タグはSEO効果の高い評価項目として 重要視されています。 しかしキーワードを入れなければならないからといって詰め込みすぎ長い文章になると 返って逆効果になってしまいます。   このタグの理想的な使い方をいいますとページ内にh1タグを1回、h2タグを3、4回、h3タ グを0〜4回入れるのがのぞましいです。   その中にキーワードを1つ入れるとよいでしょう。   h3タグにはキーワードをいれなくてもかまいません。 ハブサイト理論でページランクラップを試みることができます。   ハブサイトになるにはトップページから優良サイトにリンクを張る必要はなく、更新した 下層ページに外部リンクを張り付ければよいのです。   そして下層ページが被リンクとして外部サイトがリンクをはるとSEO効果がたかくなります。   もちろんページランクが高いサイトからリンクを張られるとより効果が見えます。   そして下層ページのランクがあがることでSEO対策したいトップページのランクも上がるの です。   初めにも言った通り、内部対策は、費用がかからない分、 時間と労力がかかります。 ですがそこを丁寧に対処していくことでSEO価値が上がる のは確実です。 大変ですが絶対にしなければならないところです。  
お問い合わせ