HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

サイトとキーワードの一貫性

975ba1fb5a6d3ac82df63afa2a782b08_m     検索結果で上位表示されるためには、ユーザーの知りたい情報があることが大事です!   ユーザーの検索ニーズはキーワードとして現れており、そのキーワードに沿ったテーマの サイト、コンテンツを作る事が大事なのです!   一つの指標として、「キーワード出現率」というものがあります。   キーワード出現率とは、あるページにそのキーワードがでてくる割合です。   一つも出てこないというのも変な話しですよね。。。。   お花屋さんのサイトなのに、「花」という言葉が一つもでてこないっておかしいですよね!   しかし、やみくもにキーワードを出現させればいいわけではありません。   逆にわかりにくくなりますよね!   キーワードが出現する割合だけを重視されるわけではないですが、あまりに不自然な出現 率だと、スパムと認定されてしまいます。   少し前までは、5%が目安と言われていましたが、現在ではあまり関係がないようです。     また、いろんな言い方がありますが、キーワード注目度という指標もあります。   会社設立のサイトで、狙っているキーワードは「会社設立/福岡」であれば、 「会社設立/福岡」というキーワードに注目されるようにするべきです!     では、どうすれば注目されるのか。   アメリカでは、結論から先に言う、重要な事から先に 言うという文化があり、 Googleもアルゴリズムにそれを採用しているという調 査結果もあるそうです。     これは、サイトの裏側、中身であるHTMLなどの部分を見るとわかりやすいです。     「会社設立/福岡」のキーワードを使ってわかりやすく説明すると、   サイトのタイトルは、 「〇〇〇事務所は会社設立業務で福岡で一番です!」   よりも、 「会社設立なら福岡で一番の〇〇〇事務所にお任せください!」   と、なります!   後者の方が、「会社設立/福岡」のキーワードがでてくるのが早いですよね!     ページの場合だと、   大見出し (文章) 中見出し (文章) 小見出し (文章) があれば、大見出しで「会社設立/福岡」というキーワードを使いたいですね!    

用語解説コーナー

☆h要素 ページの見出しを定義するHTMLタグ。 h1〜h6まであり、 h1(大見出し) h2(中見出し) h3(小みだし) などの使い分けをする。 ☆LPO ランディングページ最適化の事。 ランディングページとは、訪問者が一番最初に着地するページのこと。
お問い合わせ