HOMEPAGE SAPPORTERS

サイト制作・ウェブマーケティングのプロ|ホームページ集客サポーターズ

03-5216-2121
東京都千代田区五番町12-6 五番町マンションB1F
相談無料!土日祝日も営業中

WordPressを導入してみよう その1 サーバー契約編

about_wp_3

ワードプレスの導入

では、実際にワードプレスを導入したWEBサイトを作成してみましょう!  

2通りあるWordPress

ワードプレスの使い方は実は2通りあります。 一般的に使われているのは、 「レンタルサーバーにインストール」する方法です。 何も分からずにとりあえず「WordPress」で検索してよくわからずにアカウントは登録したけど…?それで…? という方はもしかしたらこちらのサイトでご登録したのではないでしょうか? about_wp_4 https://ja.wordpress.com/ (WordPress日本語サイト)   こちらはアメブロやlivedoorブログと言った本当に「ブログ」という感じに近いものになります。 サーバーもWordPressのものですし、初期のURLにもwordpress.comがつきます。 ただ、ブログというより「ホームページ」を作りたい!という方や、機能を入れたりデザインをカスタマイズしたい!という方の方がこの記事を読まれているのと思うのでここではあまり詳しく説明しません。  

レンタルサーバーを借りよう

まず、これからサイトを構築していく「サーバー」を借りましょう。 これから作成するサイトによって、最適なプランを選びましょう。 安いプランやサーバーだとWordPressが使えない事があります。事前にプランを確認しましょう。   PHPのバージョンが5.2.4以上 MySQLのバージョンは5.0以上   が動作するサーバー&プランでなくてはなりません。   以下3つのレンタルサーバーは簡単にワードプレスをレンタルサーバー上のコントロールパネルから導入することができておすすめのレンタルサーバーです。 (普通はFTPソフトを使ってアップロードする形でインストールしなければなりません。慣れないとちょっとめんどくさいです。) bnr_lolipop_001ロリポップ (ロリポプラン以上) とにかく安いです。プランも多くあって選択肢が広いです。 ただ、セキュリティのために、アクセス攻撃を受けた時に自動的にワードプレス管理画面にアクセス制限(アクセスできなくなる)がかかってしまったりします。 アクセス攻撃がロリポップは多発してるらしく。。この対策です。 sakura_logoさくらサーバ (スタンダードプラン以上) こちらも低価格。ただルートドメイン(「http://~.com」といったURLの一番短いパターンに直接ワードプレスをインストールできません。後に一手間必要) imagesヘテムル コースなどの選択肢がなく、ちょっと高いです。。256GBのやたら大容量。でも安定してるように思います。     サーバーを契約したら次回はいよいよワードプレスの導入(インストール)です!!
お問い合わせ