コンテンツ作りは、説明文とコラムどっちが良いの?

WEBマーケティング

士業事務所を運営している皆さまは、SEO対策の為に、普段からサイトにおいて、UPする為の様々な題材を用意し、コンテンツ作りに邁進されていると思います。

コンテンツを提供する方法として、その中には、ライティングとして説明文を作る方法もありますし、コラム形式として作成される方もいらっしゃる事でしょう!

しかし、これらライティングとしての説明文やコラムは、どっちを作成して掲載すれば良いのか?と疑問を持たれた方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、その点について注目してみたいと思います!

1.説明文とコラムの違い

まずは、説明文とコラムの違いを確認しておきましょう。

説明文とは、文字通り、その内容に関する説明をする為に作られる文章の事を意味しており、書き手の個性を含まない、若しくは第三者からの個性を含まない、客観的な文章です。

一方、コラムと言うのは、説明文の性質とは違い、文字を起こす人の主観的な内容が含まれている文章と言うように、個性を逆に出す形のライティングとなります。

ですから、例を上げてみると、民法の相続について解説したい場合、その法律内容や、知識等を文章にして説明を行うのが説明文です。

一方、コラムにする場合には、あえてそこに「このような法律があると言うのは知っておいて損はないし、非常に便利ですよね〜」等と言う文言を入れると、コラム形式となります。

2.コンテンツは、説明文とコラムどっちが良いの?

結果から申し上げると、どっちが絶対にSEO対策になると言う100%の答えを出す事は非常に難しいと考えます。

ですから、まずはご自身がどちらのスタイルの方が書きやすいのか?に着目する必要があります。

ただし、士業事務所のコンテンツとなると、やはり専門的な情報を求めているユーザーが閲覧しやすいと言う視点から考えれば、できる限りわかりやすい説明文であり、尚且つそこに人間味が出るコラムちっくのような文章を起こせるようになれるのがベストではないか?と言う結論に至ります。

ただ文章の内容を100%コラム形式にしてしまうと、実際に知りたい内容が、あまり頭に入って来ないとなってしまえば、読み手にとって、それはただのブログなのではないか?と言う事になってしまいかねないと言う点を懸念しておく必要があります。

士業事務所のページを訪問される方の多くは、何かしら士業に頼りたい場合や、士業に係る何かしらの問題を抱えていたり、興味を持っている状態で閲覧される事が多いでしょうから、せっかく読んで頂いた方にとって価値がある物でなければなりません。

それらを考慮しながら、日々作成できると良いと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました