固定観念は捨てる!?SEO対策のコンテンツ作りの考え方と基礎

SEO

コンテンツを作り、ユーザーにとって価値があり良質な物を提供すると言う事は、結果的にファンを作る事になり、それがコンテンツマーケティングの基礎とも言えます。

そうする事によって、結果的にはSEO対策に繋がると言う事実はすでにご存知の方が多いと思われます。

しかし、このコンテンツを作ると言う時点で、注意しておきたい点は、これまで紹介させて頂いた記事以外にも沢山ありますので、今回はその点について見て行きましょう!

1.固定観念は妨げになる!?

士業と言えども、一人の人間であると言う事実があるように、読み手となるユーザーも様々な人がおり、捉え方や価値観も様々です。

士業に起こりがちな事としては、法律的な知識が豊富であると言う点や、決まった事があると言う事から、どうしても固定観念が強くなりがちな方々がいらっしゃいます。

しかし、士業と言うのは、人と人とが関わる事の多い業種であり、様々な人々に共感を受ける為の努力が必要と言えます。

ですから、コンテンツを作成する上でも、自分の価値観や固定観念と言う、固まりのようなものを記事の中に表現してしまうと、読み手にとっての印象が悪くなると言う可能性が出てまいります。

読み手はコンテンツを閲覧する中で、そこに書かれた知識や情報も得ますが、その士業事務所自体の印象も大きく影響される事を忘れてはいけないと言う事なのです。

もしも、「これは絶対にこうである」と言う独自の価値観を解説したような記事を書いた場合、それに共感をする人もいれば、この考え方は理解できないと思われてしまい、結果的に遠ざけてしまうと言う可能性が出てきます。

士業のポータルサイト等に掲載されるコンテンツを見たユーザーは、その事務所の印象をコンテンツからも得ていると言う事なのです。

ですから、特にコラムのようなコンテンツを作成する場合には、通常のライティングよりも、より注意する必要性が出てきます。

理由としては、書き手独自の感情がコンテンツによって表現されてしまう可能性が高まるからです。

つまり、サイトだけではなく、コンテンツ自体でも相手が受ける印象が違ってくると言う事になるのです。

勿論、全ての士業の皆さまが固定観念が強すぎると言うわけではなく、士業だけに至らずに世の中には様々な方がいらっしゃいますから、それらを考慮する事は、士業事務所にとっても必要であると言うわけですね。

2.まとめ

いかがでしょうか?

皆さまは普段、このような事に注意してコンテンツ作りをされているでしょうか?是非、今一度ご確認頂き、一人でも多くの皆さまに共感される、そして良質で価値のあるコンテンツを日々提供して頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました