社労士がホームページの制作を依頼するときに重要なポイント

WEBマーケティング
Vector concept with businessman jumping up on graph columns. Symbol of success, achievment, motivation in business.

社労士が営業力を高めて多くの顧客を獲得できるようにするためのツールとしてホームページは役に立ちます。その制作を依頼するときには誰にどんな形で依頼するかをよく考えることが欠かせません。そうでないと効果が上がらないホームページができてしまうこともあるので、失敗しないためのポイントを押さえておきましょう。

依頼先には大まかに二つある

ホームページ制作の依頼先として主なものが二つあるので、まずはその違いやメリット、デメリットを確認しておくのがポイントです。最もよく用いられているのはホームページ制作業者で、利用されるケースが徐々に増えてきているのがフリーランスエンジニアです。この二つの大きな違いは組織としてホームページ制作を担うか、個人のエンジニアが作り上げるかで、それによって様々な観点から差異が生じています。
ホームページ制作業者の場合には多岐にわたるスタッフを抱えているのがメリットです。ウェブプログラミングができるエンジニアやHTMLを熟知しているコーダーだけではありません。ホームページのデザインについて詳しいウェブデザイナーや、素材として役に立つCGやイラスト、動画を作成するCGクリエイター、イラストレーター、動画クリエイターなどが所属しているのが一般的です。また、カメラマンやコピーライターなどもスタッフにいる場合があり、充実した内容のホームページを専門職が総出で一から全て作り上げることができます。これに対してフリーランスの場合には基本的に一人でホームページを制作することになるので、技術力が不足してしまう部分が生じることは否めません。
しかし、納期についてはフリーランスの方がメリットが大きいでしょう。ホームページ制作業者では多くの人材を抱えている一方、複数の顧客からの注文を受けていて一人あたりの業務量がかなり多くなっている場合が多いのが特徴です。格安でサービスを提供しようとしている業者の場合には特に人件費を削減しているケースが目立ち、納期が遅くなってしまう傾向があります。
しかし、フリーランスの場合には一人で対応するとはいえ、本当に納入できる期日を試算して契約するので大きな遅れが生じることはあまりありません。他に業務を抱えているケースもありますが、それを加味して期日を決めることになり、場合によっては他の業務よりも優先させて納期に間に合わせてくれるでしょう。
また、仕事の柔軟性についてもフリーランスが優れています。業者の場合には契約を終えてしまうとその通りにしか制作してくれないのが普通ですが、フリーランスの場合には途中で方針を変えたいといった要望を出したり、コンテンツを増やしたり減らしたりしたいと伝えたりしたときにも対応してくれるケースが多いのがメリットです。ただし、柔軟な対応をしてくれるかどうかは人によるのも事実なので、あくまで可能性があるという認識をしておくのが無難でしょう。
一方、フリーランスの場合には業者に比べると実績が少ないのがデメリットになります。確かに顧客の獲得に役立つホームページを作ってきたという実績があれば信頼できるのに加え、その過程で培ってきたノウハウも豊富にあると考えられるでしょう。単独で業務を行っているフリーランスではなかなか業者と同じ水準で数をこなすのは難しく、高水準のホームページを作れない可能性もあるのです。ただ、その点も加味して安い料金で請け負ってくれるケースが多く、優秀なフリーランスに依頼できれば高いコストパフォーマンスになるでしょう。

BtoBとBtoCのどちらをメインにするかを考えよう

ホームページの制作依頼を出すときには顧客として法人と個人のどちらを優先するかを考えておくのが大切です。社労士事務所の顧客は大半が法人という現場がほとんどで、雇用年金や障害年金などの対応くらいしか個人からニーズが高いサービスはない場合が多いでしょう。そのため、BtoBという想定でホームページを作るのが無難な方法です。
法人顧客をターゲットにする場合にはホームページの雰囲気はフォーマルで要点をかいつまんで伝えられるように仕上げていくのが効果的です。依頼先として魅力的かどうかを判断するためにホームページにアクセスする場合がほとんどだからで、短時間に必要な情報を手に入れられる仕様が好まれています。
ただし、BtoCで作り上げて顧客層を厚くするという考え方も重要になります。法人顧客をメインにしている事務所でも個人顧客を少し取るようにすると全体として売り上げを伸ばしやすくなるのが一般的です。
個人顧客は獲得が難しく、継続的な利益をもたらしてくれることは少ないのがネックではあるものの、メインの法人顧客への対応の合間にこなせるような比較的簡単な仕事が多くなっています。納期についても法人顧客に比べると厳しく設定する必要がない場合がほとんどで、余裕を持って期日を伝えておけば落ち着いて処理することが可能です。このような点も加味してターゲットをどちらに絞るかを決めておきましょう。

関連性の高い実績があるかが選定の決め手

ホームページ制作の依頼先を選定するときには決め手に欠けてしまうことも珍しくありません。どこに依頼してもあまり違いがなさそうな場合もあれば、一長一短で決め兼ねてしまう場合もあるでしょう。その際に決め手として考えた方が良いポイントが、極めて関連性が高いホームページ制作の実績があるかどうかです。実績の数や発注元企業の知名度などよりも、社労士事務所のホームページとして顧客を増やす目的で作った経験があって実績が出ているかを重視すると失敗がありません。
社労士の仕事は労務や社会保険、年金に関わるものがほとんどで、商品販売をする企業や美容サービスを提供する業者のホームページとは違った様相になるのは明らかでしょう。いかに他分野で成功した実績があったとしても、社労士のホームページで同じ成功を遂げてくれるとは限りません。少なくとも士業のホームページを手がけた実績があるところに依頼するのが安全策です。

ターゲットと依頼先をよく考えておこう

ホームページの制作を依頼するときには業者とフリーランスの二つの選択肢があることを念頭に置いて、メリットが大きい方から候補となる依頼先を探すのが賢明です。また、BtoBとBtoCのどちらをメインにして顧客獲得を目指すかも考えた上で相談を持ちかけると適切なデザインのホームページができます。依頼先の選び方で悩んだときには関連性の高いホームページの制作実績があることを重視すると失敗のリスクが低減されるでしょう。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました