SEOと関係がある?アンカーテキストについて

SEO

皆さんは、内部リンクと外部リンクはすでにご存知の方が多いと思われます。

ただ、まだ深く理解していない方の為に、少し解説をさせて頂き、今回はSEOに関係があるアンカーテキストについての基礎知 識を合わせて解説させて頂きたいと思います。

1.内部リンクと外部リンクについて

すでにSEO対策を十分に行われている方の中には、リンクの設定について詳しい方もいらっしゃると思われます。

少し解説をさせて頂きますが、このリンクと言うものには、「内部リンク」と「外部リンク」と言う2つに分類することができます。

内部リンクと言うのは、簡単に言うと士業事務所が運営しているサイトの中で、リンクをさせる事を意味しており、逆に外部リンクは他のサイトとリンクさせる事を意味します。

2.アンカーテキストとは?

では次に、アンカーテキストの解説をさせて頂きます。

上記でも解説のあった内部リンクですが、これはアンカーテキストの設定をする上で、SEO対策に繋がってまいります。

このアンカーテキストと言うのは、簡単に言うと、リンクがされている部分のテキストの事を意味します。

HTMLタグで言うと、「」で囲まれている部分のリンクであり、別名「アンカータグ」とも言われております。

3.SEOとの関係とは?

皆さんは普段様々なSEO対策を行われていると思うのですが、このアンカーテキストの目標キーワードを含める事については、Googleが表明しているSEO対策の中でも基本的な部分に該当してきます。

この理由としては、ご自身が運営されているサイトに対し、リンクのアンカーテキストにおいて、SEO対策でのキーワードが沢山ある場合には、Googleがそのキーワードに対して、そのページの中でも重要なテーマであると認識するからです。

ですから、キーワードと言うのは、SEO対策的にも、ランキングにおいて上げさせる時に効果が出てきます。

ただし、注意して頂きたい事としては、いくらSEO対策として効果が期待できるからと言い、過剰に意識しすぎてしまって、アンカーテキストがキーワードばかりと言うページになってしまうと、これでは大変不自然な状態ですから、逆にランキングが下がる可能性が出来ます。

ですから、ここで重要なのは、適度なバランスを理解して対策を行うと言う事にあります。

4.まとめ

今回説明したアンカーテキストに関しては、少し難しいと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、このような事があるのだと認識して頂ければ、そこまでストレスなく頭に入ってきますので、最初は基礎的な部分から把握してだんだんと本格的なSEO対策に挑戦して行って頂けたらと思います。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました