士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例

ライティング

今回は、実際に士業事務所としてどのようなコンテンツを上げるべきか?について、良い例と悪い例を参考に見て行きたいと思います!

例は、AとBに分けて上げさせて頂きますが、内容を分かりやすくする為、コンテンツ内容を「相続」に絞って見て行きましょう!

1.パターンA

タイトル:「被相続人死亡により、相続発生!」

被相続人が死亡した事によって相続が発生します。

今回は、この相続を解説させて頂きたいと思います。

相続には相続できる順位があり、その自分の順位が何番目なのか?によって貰える額や内容は異なります。

また、被相続人が遺言書を残していた場合は、その遺言書に従う形で相続が行われますが、内容に納得がいかない場合には「遺留分請求」をする事が可能な場合があります。

是非、当事務所へお気軽にお問合せ下さい。【完】

2.パターンB

タイトル:「家族や親族が亡くなった!相続はどうしたらいいの?」

亡くなられた方の事を「被相続人」と言い、相続を受ける側の方を「相続人」と呼びます。

人の死は突然な場合も多く、いきなり相続に対して何かしらの手続き等を行おうとしても、ご家族が亡くなられただけでも悲しみや動揺がある中で、知識がない場合には、余計に心労等が重なってしまう場合がありますから、事前にある程度の情報を得ておいて損はないと言えます。

相続は、基本的に、被相続人が「遺言書(誰に何をどのくらい相続させるか?を記載した文面)」の内容に沿って相続が行われますが、この遺言書がない場合や、あっても有効とされない遺言書(遺言書には書き方等に一定の決まりがあります)の場合には、法定相続人と言って、法律で決まっている順位によって、相続がそれぞれで行われる事になります。

もしも遺言書が有効な物であった場合、法律上では相続人なのに「何も貰えない」と言う不満が出る可能性は十分考えられますが、この場合にも「遺留分」と言う一定の範囲によって相続を受けられる分が予め法律上にて決まりがあり、この事を「遺留分減殺請求」と言います。

もし不安がある方や、わからないと言う場合には、是非お気軽に当事務所へご相談頂ければ、細かな内容も含めてご説明をさせて頂きます!【完】

3.結果とまとめ

いかがでしょうか?A・Bどちらがコンテンツマーケティング上やSEOとしても有利になるか分かりますか?分かる!と言う方は問題ありません!

しかし、もしも分からないと言う方は、是非以下の事に注目をして読み直してみて下さい!

  • ◆タイトルがキーワード検索されやすいか?若しくは親しみが持てるか?
  • ◆文面に法律用語が出てきても、そのワードを説明しているか?
  • ◆どちらの文章の方が、ユーザーにとって親切であるか?
  • ◆結果的に、どちらの文章が読み手にとって深く理解がなされているか?

これはあくまでも例ですから、絶対にと言うわけではないのですが、Googleの考え方は、検索ユーザーにとって良質であり、価値がある物を評価します。

そして、コンテンツマーケティングの目線で見ても、内容を読んで理解できるものと、そうでない物では、理解できる方がファンを増やす事が出来ますから、結果的にコンテンツマーケティングに繋げる事が可能なのです。

是非、これらの事を踏まえた上で、ご自身が日々コンテンツ作りをする際に、どのような事をポイントに置き、作成しているか?を今一度再確認してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました