ホームページ制作を外注するなら見積もりを取ろう

SEO

顧客獲得のためにホームページを使って集客をしていこうと考えたときに、ウェブ制作のスキルがないから自前では作るのが難しいというケースもあるでしょう。その際には制作業者に外注してしまう方法がありますが、どの業者に依頼したら良いかで悩むかもしれません。どのような観点で外注先を選んだら良いかを理解しておきましょう。

外注で重要なのはコストパフォーマンス

ホームページ制作を外注するときに何が重要かを最初に考えておくことが肝心で、一般的にはコストパフォーマンスを上げられるように外注先を選定します。予算は限られているのでその枠内に収めるのは前提としておき、さらに安くなるならそれに越したことはありません。しかし、ホームページの出来栄えが悪くて集客効果が上がらないのでは元も子もないでしょう。

ホームページを制作したことによってどのくらいの顧客数の増加を求めたいのかも考えておくのが肝心です。その目標数字を達成できる水準のホームページに仕上げられなければ制作した意味がないでしょう。その上で最も安い価格で外注できる業者を探し出すという姿勢を持つのが合理的な方法です。

打ち合わせを通して良し悪しを見極めよう

パフォーマンスについて判断する上で重要なポイントは大まかに分けると二つあります。一つ目は今までに手がけてきたホームページが確かに集客効果を示しているかどうかです。多くのホームページ制作業者ではオフィシャルサイトで実績を開示しているので、まずは参照して確認してみましょう。その内容は業者にとってはトップクラスに輝かしい実績の場合がほとんどで、秀逸なものでなかったならあまり当てにはできないと考えざるを得ません。

また、ただホームページを制作したという事実が記載されているだけで、その結果について何も言及されていない場合にもあまり集客効果を期待できないでしょう。集客性を意識したホームページ制作を担っているなら、実績のアピールポイントとしてオフィシャルサイト内にも記載するはずだと考えられるからです。

これと合わせて確認をしておきたいのが類似の事例を持っているかどうかで、実績を上げたことがある業種が大きく違う場合には適切なホームページデザインができない可能性もあるでしょう。法律事務所のホームページを作って欲しいというときに自動車メーカーや電気部品メーカーなどでしか実績が上がっていないのなら他を探した方が良いと考えられます。

しかし、税理士事務所の売り上げを大幅に伸ばしたといった実績があるなら、類似性があるので問い合わせてみる価値があるでしょう。実績について明示されていない場合にはメールや電話などで連絡し、具体的な説明を受けてみるのが賢明です。

二つ目は柔軟性の高い対応を取ってくれるかどうかです。どのくらい要求に対して柔軟に応じてくれるかは外注する上で重要なポイントで、打ち合わせを通して確認するに越したことはありません。基本的には制作依頼の契約をしない限りは費用が発生することはないので、まずはホームページ制作の依頼先を探しているという趣旨で連絡を取ってみましょう。

その打ち合わせのときにどれだけこちらの意見を聞こうという意識を持っているか、質問に対して的確な答えを返せるか、悩みに対して解決策を提示できるかをまずは確認してみるのが肝心です。その上で集客に関してどんな強みを持っているかなど、具体的な内容に踏み込んでいき、主導権を握れるかを判断しましょう。

主導権を握らせることができる業者は二種類に分かれます。まず挙げられるのが顧客主導の形でも柔軟に対応していくことができ、顧客が満足するホームページを納品できるような技術力も持っている業者です。この業者に外注できればコストパフォーマンスが上がると期待できます。

しかし、もう一つは単純に事業やサービスに対する自信がなく、顧客の言われるがままになってしまう業者です。この場合には技術力が不足していて要求をいくら言ってもできないと断られてしまいがちになります。打ち合わせを通してこのどちらに該当するかを見極められれば安心して発注できるでしょう。

比較しなければ見極めは難しい

ホームページ制作業者の良し悪しを見極める上では一社とやり取りをしているだけでは困難です。主導権を握って打ち合わせを進められる業者を二つか三つは見つけ出して話を進めていきましょう。

どの業者に対しても同じような要求をしていって比較するのがコツで、その対応の仕方を比較してみると確かな実力があって柔軟に対応できる業者か、実力不足で顧客に振り回されている業者かが見えてきます。比較対象がないと本当に大丈夫なのかを確信するのは難しいので、余力が許せば少し多めの業者とコンタクトを取って比較検討しましょう。

見積もりを比較して選び出そう

二社や三社の比較の場合であっても、上手に選び出せていればどの業者も柔軟に対応してくれて、かつ実績も十分にあって期待できることもあります。この場合に最終的な決定打になるのが見積もりによる比較です。打ち合わせをしてどのようなホームページにするのかを決めた後、料金やその内訳、納期やアフターサポートなどに関する見積もりを出してもらうことができます。その見積もり内容を比較してみるとどの業者が最も信頼できるかがわかるでしょう。

見積もりの内容が明確で料金の内訳も明記されている書類を短期間で出すことができる業者を選べば失敗はないでしょう。特に重要なのが内訳で、明朗会計にしようと一律で定額いくらとなってしまっていると交渉の余地がありません。

このサービスはなくて良いから省きたい、その代わりにこのサービスを追加して欲しいなどといった最終的なやり取りをすることでより良い契約にできます。また、見積もりを出すのにかかる期間が短いことも重要な要素です。ホームページを納期に本当に間に合わせてくれるかを判断する材料になるポイントなので意識しておきましょう。

実力と見積もりを比較してから選ぼう

ホームページ制作を外注するときには依頼先の業者がどれだけの力量を持っているかによって集客効果の大きさにもかなりの差が生じます。公開されている実績ベースで数社を選定し、打ち合わせを申し込んで柔軟な対応力があるかを確認しましょう。そして、見積もりを取って内容の明確さや書類を出す早さを考慮し、外注先を決定するのが合理的です。

SEO士業
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました