格安でホームページ作成をするメリットと注意点

SEO

ホームページを用意するときには自前で作成することも専門業者に依頼して作ってもらうこともできます。ホームページ作成にはある程度の技術が必要なので、自分で作るのが難しいと感じるなら専門業者に頼った方が無難でしょう。その際に大きな問題になるのがコストですが、格安で依頼できるケースもあります。そのメリットと注意点を確認しておきましょう。

ホームページ作成にかかる費用は幅広い

一般的にホームページ作成を専門業者に依頼したときにいくらかかるのかと気にかかる人は多いでしょう。ただ、ホームページ作成にかかる費用は数十万円から百数十万円というのが大まかな相場で、安い場合には10万円を切ることもあり、逆に高い場合には200万円以上かかってしまうこともあります。どのようなホームページに仕上げたいか、規模をどのくらいにするか、運用をどのようにして行うかなどによって費用にはかなりの違いが生じるからです。

ホームページを作成してもらったら独自サーバーの上に実装し、運用は全て自分で行っていくという場合には継続料金はかかりませんが、通常はさらに月額料金として数千円から数万円がかかります。この一時料金と継続料金のバランスの決め方も業者によって異なるため、ホームページ作成にかかる費用はかなり幅が広いのが実態です。

ただ、ホームページ作成業者によってどんなサービスを提供するかのスタンスが異なります。とにかく価格を抑えてサービスを提供しようとしている業者なら格安で作成してもらうことが可能です。それに対して、品質の高さを重視したり、作成にかかる負担をできる限りなくす工夫をしたりしている業者では費用は高くなる傾向があります。

また、一時料金と継続料金のバランスについても、スタートアップで資金がない事務所のために一時料金が格安な代わりに継続料金が高めにしていたり、継続的な収入を得られるかが心配なケースに対応するために一時料金を高めにして継続料金を安くしたりしているケースもあり、ニーズに合った業者が見つかりやすい状況になっています。

格安で依頼するメリットとは

全く同じホームページを作成してもらえるなら安い業者に依頼したいと考えるのはもっともなことで、まずは格安で依頼できる方法はないかと考えるのは妥当でしょう。格安で依頼するメリットは当然ながらホームページ作成にかかるコストが低くなることで、初期投資額や継続投資額を最小限にできるので事業利益を大きくしやすくなります。

また、一般的には作成依頼の手間が少なくて済む傾向があり、一般的な形式のホームページを少ない労力で作り上げて運用を始めたいというケースに向いています。テンプレート化などが進んでいるお陰でスムーズに仕様を決めることができるからです。

格安で依頼するときの注意点とは

安かろう悪かろうとはよく言われるもので、格安でホームページ作成をしている業者に依頼するときや、格安プランを選ぶときには注意しなければならない点がたくさんあります。ただ、しっかりと注意してより良い業者やプランを選べば高いコストパフォーマンスを発揮させられる可能性があるので、安易に格安だとリスクが高いと考えてしまわないのが大切です。

まず重要なのが必要な内容がサービスに全て盛り込まれているかです。例えば顧客からの問い合わせや予約を管理できるシステムもウェブ上に搭載したいといった場合には追加料金になることもあります。

集客のためにSEO対策をしていきたい場合や、ランディングページを作りたい場合もあるでしょう。格安な場合には何らかのサービスを省いているお陰で安くなっていることがあります。サービスが充実しているプランの内容を参考にして、必要なものが一通り揃っているかを確認した上で候補に上げましょう。

次に気をつけなければならないのは競合他社との差別化が可能かどうかです。安い理由はテンプレートが決まっているからという場合が多く、競合他社が同じテンプレートでホームページを作成していた場合には同じような事務所、あるいは系列事務所と考えられてしまうリスクがあります。デザインについてどの程度の自由度があるか、テンプレートに多様性があるか、競合他社との差別化を依頼できるかといった点を調べておくのが大切です。

もう一つの注意点として少し費用を追加したときに何ができるかを確認しておくことです。後になって追加で依頼するよりもホームページ作成を依頼する段階で申し込んでおいた方が安上がりになるケースも多いからです。例えば、ホームページを公開してもアクセス数が伸びず、プロにSEO対策を依頼しようと考える場合もあります。

作成してもらった業者に後から対策を依頼すると高くなりがちで、後悔することも多いのです。また、大した金額ではないけれど大きなメリットになる追加オプションがある場合もあります。LPのスマホ対応などを格安で行ってくれる業者もあるので、どんな追加サービスがあるかを見ておくのは肝心です。

相見積もりをして決定しよう

格安でのホームページ作成をしている業者はたくさんあるので選ぶのが難しいのも事実です。最終的にどこに依頼するか決定するときには相見積もりをしましょう。必要なサービスをリストアップし、同一の内容でいくらかかるかを複数の業者に見積もってもらって比較するのが相見積もりです。これによって費用と納期が明確になり、どの業者に依頼するのが良いかを判断しやすくなります。

特にホームページの開設時期をいつにするかによっては、納期については気にかけておかなければなりません。一日でも早く開設したいのであれば納期を優先して少し高い業者に依頼するのも良いでしょう。逆にまだ開業準備の段階にあるなら、開業予定日に間に合う範囲で安い業者を選ぶのも賢い方法です。

相見積もりをすると業者の性格の違いも浮き彫りにされます。細かな内訳がわかる見積書を出すところもあれば、全部込み料金でいくらという提示の仕方をするところもあります。詳細がわかる見積もりをしてくれた方がトラブルは少ないので、悩んだときには明細書を付けてくれた業者を選ぶのが賢明です。

コストパフォーマンスが高いプランでホームページを作成しよう

ホームページ制作にかかる費用は幅広く、格安で作ろうと思えばかなりコストを抑えられます。ただ、コストパフォーマンスが上がらなければ作成して意味がなくなってしまうでしょう。ホームページのデザインや運用などについて必要なサービスが含まれていることを確認し、相見積もりをして信頼できる業者を選び出すのが重要です。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO士業
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました