検索ボリュームって何?SEO対策で必要な事とは?

士業

検索ボリュームと言う言葉を聞いた事があるでしょうか?

検索ボリュームは、SEO対策を行う上でも、関連するワードとなっております。

これを理解する事で、更にSEO対策を強化する事も可能ですから、今回は検索ボリュームの基礎知識と、SEO対策的にはどうすれば良いのか?を見て行きたいと思います。

1.検索ボリュームとは?

まずは、検索ボリュームって何なのか?から見て行きましょう!

答えから申し上げれば、検索ボリュームと言うのは「月間に検索される検索数」の事を表します。

例えば、月間の検索数が10しかないと言う事であれば、「検索ボリュームがないな」と判断されますし、1000を超えているようであれば、「検索ボリュームがあるな」と判断される事になります。

この検索ボリュームを何故皆さんが調べるのかには理由があります。

それは、士業事務所におけるホームページ等に記載するコンテンツ(記事)について、その内容が、世の中でどのくらいの需要があるのか?を知る為に、検索ボリュームを知る事で把握する事ができるからです。

検索ボリュームがあると言う事は、そのくらい、そのキーワードによって検索される回数も多いわけですから、アクセスされる回数もおのずと増える可能性が高まります。

つまり、需要があると言う事を把握する意味では、アクセスをなるべく増やす為にも、知っておいて損はないと言う事になるのです。

2.検索ボリュームはどのくらい気にするべきか?

では次に、この検索ボリュームは、SEO対策を行う上で、どの程度気にしておけば良いのでしょうか?

上記での解説でもお分かりの通り、検索ボリュームはある程度知っておく必要性はあると言えます。

ただし、検索ボリュームを気にしすぎていると、結果的にそのサイトによるテーマとの関連性が薄いキーワードでアクセスが増加していきますから、そうしていくとサイトの価値が落ちてしまうと言うマイナス点が伺えます。

こうなってしまうと、逆にGoogleの評価を受けにくく、順位が逆に下がってしまってSEO対策を行っているつもりが、逆効果になってしまう可能性があるのです。

特に士業事務所のコンテンツは、専門性が高い記事が多くなりますから、Googleのガイドラインにもある「E-A-T」webサイト・ページの評価項目に公式定義されている内容からもかけ離れてしまいます。

ですから、全く気にしなくてよいと言うわけではなく、気にしすぎて逆に専門性を下げてしまう事がないようしなければならないと言う事なのです。

この事をしっかりと把握した上で、日々のコンテンツ作りを行っていくと良いでしょう。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

士業
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました