SEO対策〜コンテンツやリライト作成時に必要なガイドラインの知識〜

SEO

これまでに、様々な記事を作成されてきた方にとっては、士業事務所のホームページに掲載しているコンテンツ(記事)として十分な量になってきている方も結構いらっしゃると思います。

順位については、掲載してから3か月程度経過しなければ、把握する事が出来ない為、後々ランキングを見て、記事をリニューアルさせると言う判断をする場合もあるでしょう。

この場合に、リニューアルした(若しくはリライトした)事によって、ランキングが上がれば良いのですが、逆に下がってしまったり、そのまま順位に変動がなかったら、再度見直した意味が無くなってしまいます。

この場合には、どのような事に気を付けるべきなのでしょうか?

1.SEO対策の基礎知識を理解していない

多くの方に該当するのが、SEOの対策に関する基礎的な知識を持ち合わせていないと言う事が問題として上げられます。

Googleのガイドラインを理解しているか?

まず1つ目に再度ご確認頂きたいのが、Googleのウェブマスター向けガイドラインをしっかりと把握できているか?と言う点です。

これは基礎中の基礎とも言える大変重要な項目であり、Googleのガイドラインを理解せずにSEO対策をする事は、はっきり言ってほとんど不可能だと思って下さい。

また、理解が出来ていない状態で、ガイドランに反するようなページを最適化したりすると、最悪の場合はペナルティとして評価を受けない・若しくは削除される可能性が出てきます。

そのくらい、Googleの考え方を正しく理解しておくと言うのは、大変重要な事なのです。

まだ、目を通した事がないと言う方は、すぐにでも確認する事をおススメ致します。
(参考:Googleウェブマスター向けガイドライン

これら、Googleが公表しているガイドラインをしっかりと認識した上で、コンテンツを作成したり、リライトを行う事で、SEO対策として通用してくるようになります。

まだ読んだ事がないと言う人は、記事を作成する手を止めて、先にガイドラインから確認をしていきましょう!

2.まとめ

いかがでしょうか?すでにSEO対策を正しく行っている方にとっては、当たり前の事ではありますが、意外とまだ知らないと言う方も結構いるのは事実です。

また、悩みごとが出たりした場合、一度原点に戻ると言う意味でも、すでに理解していると思って日々の記事を作成されている方も合わせて、今一度ご確認頂けたらと思います。

再認識する事によって、新たな発見があるかもしれません!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました