リライトって何?その方法とは。〜実践編〜

ライティング

前回、リライトの基本的な解説と、絶対にやってはいけない注意点について、掲載させて頂きましたが、今回は、実際にリライトをする時の実践的なノウハウ等についてご紹介させて頂きたいと思います!

1.解説をするのに、内容がどうしても被ってしまう場合

士業と言うある意味専門的な職業柄、他の方が記事に書いている内容と、どうしても同じ事を書かなければならないと言う場面に遭遇する事は、よくある事だと思われます。

例えば、法律で決まっている事を、そうではないとは書けませんし、法律的な部分を解説する際には、どうしても言い回しが同じようになってしまう事は、ありがちな事でもあります。

もっと具体的な例を上げてみましょう!

法律によって以下のように定められているとします。

・○○法 第○条 何項 「○○の場合は、△△にしなければならない」(※1)

この場合、全く同じ文章を作成したとすると、これはコピーコンテンツになってしまうのでしょうか?

全てはGoogleの考え方によるのですが、法律によって上記のような文章としての定めがある場合、これを掲載したとしても、コピーコンテンツとは言えないと判断して良いでしょう。

もしも、これがコピーコンテンツなのであれば、国が定めている全ての法律を、全ての人が知る権利を失ってしまいます。

ですから、前回の記事にて「コピーだけは絶対にしないように」と言う内容で解説をさせて頂いておりますが、これは例外となります。

ただし、リライトをする際に、元からある記事で、それを参考にする際に、元々の書き手の方が上記の法律について、ご自身の言葉としてわかりやすく解説を挟んでいたとします。

その部分をコピーしてしまうと、立派なコピーコンテンツとなってしまうと言う事なのです。

2.コピーにならないようにするには具体的にどうすれば良い?

上記1.での場合では、元々書いた方の、独自の言葉としての解説文を丸々引用すると、コピーになりますが、結果的に同じ事を言いたいとしても、別の言葉等を使い、新たにあなた自身の言葉として、独自の解説や、文章を作り上げれば良いと言う事になります。

そうすれば、参考にはしているものの、コピーをしているわけではありませんから、リライトをしたとしても、オリジナルのコンテンツとする事が可能になると言うわけなのです。

例を上げてみましょう。

リライト元となる記事に(※1)の解説の後、「つまり、このような法律の場合には、△△と言う法律が適用される事になるのです」と記載されていたとすると、リライトとしては新たに、(※1)の後、「このように、法律には△△と言う決まりがあり、○○が起きた場合には、△△が適用され、処罰を受ける対象となってしまうのです」と書けば、これはコピーとは言えないと言う事になります。

リライトをするには、重要な注意点と言うものが存在しますが、ルールさえ分かっていれば、ペナルティを受ける等のマイナス要素が発生する事はありませんので、是非実践してみて頂けたらと思います。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました