リライトって何?その方法とは。〜絶対にやってはいけないルール編〜

ライティング

記事を作成する際には、ご自身でタイトルや、内容、構成等を決定し、1から作成する場合が多いと思いますが、記事の作成には、その他に「リライト」と言う方法があります。

リライトとは、簡単に言うと、元からある誰かの記事を参考に、その文章に新しく手を入れる事によって、書き直しを行うと言う事です。

このリライトをする際には、やり方や、気を付けなければならない事がありますので、これらをしっかり理解した上で、リライトが出来るようになれば、日々の記事作成も、少し手間が省けるようになりますので、注意点も合わせた上で、解説をさせて頂きたいと思います。

1.リライトで絶対にやってはいけない事とは?

まず、一番肝心な注意点から述べておきますが、他人様が作成した記事をリライトする際に、いくら説明する方法が他にないからと言って、同じ文章にして掲載すると、立派なコピーコンテンツとなります。

コピーコンテンツとは、簡単に言うと、人の著作権を侵害し、コピーして記事を作成したものとなります。

士業の皆さまであれば、それが何故いけないのか?は、説明しなくてもお分かりだと思いますが、この当たり前の事が理解できておらず、誤ってコピーをしてしまうと、もれなく、Googleからペナルティを受ける事は間違いありません。

リライトと言うのは、その記事は参考にはするものの、同じ記事を作成して良いと言う事ではありませんので、ここだけは必ずルールを守ってリライトをするよう、細心の注意をしながら作成を行いましょう!

2.リライトは1から記事を作成するよりも簡単

これまでに記事の作成をした事がある方であれば、お分かりだと思いますが、人が文章を1から考え、構成した上で作成する事は、大変な作業とも言えます。

しかし、リライトの場合ですと、元からあるネタ記事より、その内容を参考にした上で作成をする事が出来ますので、何もない状態と比べると、はるかに簡単です。

勿論、上記で上げているコピー等の、絶対にやってはいけない注意事項を守った上でのリライト作業ですので、新規で作成する以外に神経を使わなければならない点はあります。

しかし、リライト自体は慣れてしまうと、とても簡単な作業だと言えますので、新規で記事を作成して来られた方は、次のステップとしてリライトの実践をしてみても良いでしょう。

3.まとめ

リライトは、コピーとは全く異なる作業です。

その事をしっかりと理解した上で、リライトに慣れていくように、努力しましょう!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました