コンテンツ作りの際に、どのように文字数を決定すれば良いか?

ライティング

記事にしようと思う内容によっては、文字数が少なめであったり、多めになってしまうと言う事は、よくある事ですが、皆さんはどのように、その文字数の目安を決定されているのでしょうか?

今回は、コンテンツに関する文字数について見て行きたいと思います。

1.ある程度最初の段階で決めておく

何が書きたいのか?を決定したとしても、最初にある程度の文字数を決定していないと、どこまで書いたら良いのかわからなくなってしまい、場合によっては、膨大な文字数になってしまったと言う事も考えられます。

ですから、ある程度、その記事に対する目標値と言うのを決定しておくと、書き進めやすくなります。

2.本当に大切なのは文字数ではない?

実は、多くの方が勘違いしがちな事なのですが、文字が多い、少ないから良いと言う事が重要なのではありません。

その内容が、結果的に、検索ユーザーにとって良質であり、価値があって、読んだ内容が理解できたり、わかりやすかった!等のメリットをもたらす事ができる内容であれば、文字数にそこまで制限を設ける必要はないと言う事になります。

その記事の内容を解説する際に、多くの言葉を語らなくても、少ない文字数で十分伝わるはずなのに、余計な言葉を沢山プラスアルファしてしまい、結果的に長い文章にしたとしても、読み手にとっては時間を余計に取られるだけではなく、読んでいる間が苦痛の時間になってしまいます。

一方、長い文章であったとしても、文字数を多くする事によって、より理解が深まったり、わかりやすい文章になるのであれば、文字数は多くても良質な記事と言えますし、逆にそのような記事内容を短くしてしまうと、結果的には何が言いたかったのかわからないと言う事になってしまっては、ユーザーにとって良質な記事とは言えないと言う事なのです。

ですから、文字数にこだわるのではなく、その題材の内容が、どのくらいの文字数にする方が良いのか?を考えた上で、コンテンツ作りをする事をおススメ致します。

3.まとめ

いかがでしょうか?普段、このような事に着目してコンテンツ作りをしていた!と言う方は問題ありませんが、そうではない方は、是非、意識を文字数ではなく、内容の方に目を向けてみて下さい。

コンテンツは、作る事によってコンテンツマーケティングに繋がりますし、SEO対策にも繋がってきます。

しかし、検索ユーザー目線なしにしては、それは達成されませんので、再度見直してみてはいかがでしょうか?

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました