諦めるのは早い!?ライティングは才能だけではない!書き進めるには?

ライティング

士業事務所の記事の為に、日々ライティングについて努力されている方は沢山いらっしゃると思います。

また、士業の仕事内容をこなしながら、慣れないライティングを定期的に作り上げ、アップをすると言う作業は、まだライティング自体に慣れていない方にとっては酷な事でもあるでしょう。

ただし、ライティングと言うのは、書けるようになるか?なれないか?は、才能だけではありません。

むしろ、才能よりも大切なのは、書き続ける事によって慣れると言う事にあります。

それでも、どうしても文章が浮かんで来なかったり、手が書き進められないと言う方の為に、今回は、そういった時にどのようにすれば良いのか?に着目して見て行きたいと思います。

1.情報の収集は、しっかりと行っておこう!

慣れてくれば、情報を収集しながらでも書き進める事が出来るようになりますが、まだ不慣れな間は、まずしっかりと、その記事に何の内容を掲載するかについて検討し、しっかりと情報を収集しておくと言う事が、スムーズに書き進める為の一歩となります。

書きたい事の全体像が見えなければ、書いている間に迷子になってしまい、どうしても手が止まってしまうからなのです。

2.すぐに諦めてしまわない

これは、どの仕事等にも言える事ではありますが、始めは誰でも初心者です。

何でも簡単に事が進むと言う方の方が稀なのです。

ですから、才能がないと思われて諦めてしまっている方は、かなり勿体ない事をしています。

数をこなしていく内に、あなたに合ったスタイルの書き方と言うものが見つかります。

目の前のライティング記事だけを見るのではなく、一歩引いて全体像を把握しましょう。

数をこなしていく事で、ストレスなく書く事が出来る日がやってくるのは近い将来です。

3.頭の中だけではなく、目の前に情報を出そう!

人はいくら頭だけで考えていたとしても、それが指に繋がり、文章が書けると言うものではありません。

一度、頭の中に入れた情報を目の前に取り出してみて、一体何を書きたいのか?どうまとめれば読み手に伝わるのか?を想像してみる事も大切です。

4.まとめ

最初にも申し上げたように、誰でも最初から文章を書けるわけではなく、そのスピードも様々です。

才能がないからと言ってすぐに諦めてしまうのではなく、まずは数をこなして行きましょう!

そうする事で、自分が書きやすい方法や、手段が見つかります。

勿論才能がゼロで良いと言う事は言い切れない事実ではありますが、誰でも何かしらの才能はお持ちですから、それを引き出 しながら、回数を重ねる事で、慣れて行きますので、才能がないと言う所よりも、数をこなして行くと言う所に、まずは着目してみて下さい。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました