記事の作成に絶対的なルールってあるの?

ライティング

インターネット上や、書籍等では、様々なライティングの方法等が紹介されていたり、掲載されている時代です。

皆さんも、士業事務所のホームページを運営する中で、記事を作成される際に、参考にされた方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

例えば、題材を考えた上で、まずはタイトルを決定しましょう!等と言うフレーズを見て、それを参考に作成してみた経験があると言う方も大勢いらっしゃる事でしょう。

しかし、実際には、記事の作成に対して難しさを覚えていたり、中々作成が出来ずに苦戦されている方は結構いらっしゃいます。

では、記事の作成をする事に関して、決定的に、こうでなければならない!と言う事はあるのでしょうか?

今回は、その部分について見ていきましょう!

1.コンテンツ作成に絶対的なルールは存在しない?

この事にすでに気づいていらっしゃる方も居るかもしれませんが、実は、絶対にこのように作成した方が良いと言う、決定的なルールと言うものはないと思った方が良いでしょう。

それには理由があり、人が十人十色と呼ばれるように、書き方や作成の仕方にも、それぞれ、その人その人で自分なりの方法と言うものを発見すると言う事の方が一番大切です。

ネットの情報や様々な書籍には、一定のルールの元に作成する方法が紹介されていますが、最終的な所を言えば、作成するその方自身が、一番書きやすい方法を見つけると言う事が一番重要なポイントとなるのです。

一定のルールに囚われてしまうと、いつまで経っても自分のペースと言うものが掴めなくなってしまいます。

ですから、参考程度にして頂き、勿論情報の通りの作成方法の方が合っている場合には、そうすれば良いですが、そのやり方をしても、中々ライティングとして書き進める事に難しさを感じていると言う方は、一旦その方法を頭の中から出してしまい、自分だったらどのような書き方やスタイルが合っているのか?に目を向けてみると言う事も大切な事なのです。

言いたい事や、伝えたい事、書きたい内容等は、実際に書き終えてみると、最初と違っていたと言う事はざらにあると思って良いのです。

ですから、そのような場合は、後からタイトルを修正し、より記事の内容がわかりやすいタイトルに変更をしてしまっても良いと言う事になります。

2.まとめ

いかがでしょうか?記事の作成やライティングに、普段から手間取っていると言う方は結構いらっしゃるのではないでしょう か?

常識に囚われる必要はなく、是非ご自身のスタイルを模索してみると言う事を、一度は考えてみてはいかがでしょうか!?

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました