社労士がウェブ集客するならLPを制作しよう

WEBマーケティング
A young Japanese boy sits at office desk searching for successful ideas by using a mind reading helmet. He is working on ideas in the inner most parts of the brain. He is wearing a cardigan and bow tie.

ウェブ集客の手法として広告を出す方法がよく用いられています。社労士が事務所の宣伝をして顧客を集めたいと思ったときにも有効な手段ですが、それだけでは効果が上がらないことも少なくありません。LPを制作することで広告を出した意味が大きくなり、ウェブ集客に成功できる可能性が高まります。LPを活用する際の基礎を身につけておきましょう。

LPはどういうものなのか

LPとはLanding Pageの略で、直訳すると着地ページです。つまり、ユーザーがサイトにアクセスするときに最初に到達したページのことを指します。
広い意味ではホームページのトップページやコンテンツページも含みますが、ウェブ広告を使ったマーケティングにおいてはウェブ広告のリンク先のページを指すのが一般的です。広告をクリックしたユーザーをホームページに導くのではなく、あえて独立したページに来てもらうのには理由があります。ホームページを閲覧してもらうよりも集客効果を高められる可能性があるからです。

ホームページの構成は一般的にユーザーが欲しい情報を探しやすくしてあるもので、社労士の方が積極的にユーザーを呼び込んで相談の申し込みをしてもらうための構成になっているわけではありません。

どんなサービスを受けられるのか、事務所の沿革や実績、所在地、営業時間などはどうなっているか、利用料金はどのように設定されているのかといったコンテンツを制作してあるのがホームページでは普通です。ユーザーはホームページに訪れた目的に応じて情報を探し、納得したり情報が見つからなかったりしたら離脱していき、情報を手に入れた結果として相談したいと思ったら連絡をくれます。

ただ、このような受け身の姿勢では集客効果があまり上がりません。一般的な営業活動のように積極的にユーザーに相談したいと思うように働きかけるのが重要になります。

その役割を果たすのがLPで、広告を見て少し興味を持ってくれた人に対してセールストークを展開するイメージで制作されるのが特徴です。
構成の仕方にもいくつかのパターンがありますが、例えばこんな課題の解決ができると示した上で、その課題を放置しておくリスクを説明し、この事務所の社労士だからこそ提供できるメリットを訴えかけます。
そして、相談を受けてきた実績や、相談をして課題を解決した人の口コミを掲載して信用できることを示し、問い合わせに呼び込むというのが通例です。このような営業に特化したページを作ることでウェブ広告を生かすことができます。

ターゲットを明確にして制作しよう

LPを制作するときには誰に向けてページを作り上げるかをよく考えることが大切です。社労士の場合には企業の人事担当者をターゲットとして考えて人事管理制度のコンサルティングサービスの広告を出すこともあれば、これから創業しようとしている人をターゲットとして就業規則や勤怠管理システムなどに関する広告を出すこともあります。
また、障害年金などの個人向けのサービスをもっと拡大したいと考えてウェブ広告を使おうと考える場合もあるでしょう。このようなターゲットとサービスの組み合わせによって適切なウェブ広告を作成し、そのウェブ広告を見たターゲットを問い合わせに誘導するという意識を持ってLPを作り上げる必要があります。

特にLPのトップには広告よりも少し詳しい内容で、このページの内容を是非とも読んでみたいと思えるように作り上げなければなりません。ウェブ広告をクリックしてトップの部分が表示されてからわずか数秒で離脱していくユーザーが多いからです。

トップに、いかにユーザーのニーズに合っている情報を一目でわかるように載せることができたかが、LPの効果の有無を大きく変えます。そのためには、どんなターゲットが、どのような課題を抱えて、このLPを訪れるかを想定して制作することが欠かせないのです。

完成したLPは最適化しよう

ターゲットを想定して、このような流れのLPにすればきっと相談を持ちかけてくれるはずだと納得できる仕上がりになったとしましょう。早速そのLPをウェブ広告のリンク先として使ってみると、、少しは問い合わせが来るかもしれません。
ただ、大抵の場合には特に問い合わせがなく、LPを作った意味がなかったではないかと思ってしまいがちです。このような事態に陥るのは社労士の視点からLPを作り上げてしまっていて、ユーザーのニーズに本当にマッチしたものになっていないのが原因の場合が多くなっています。ユーザー視点で作り上げたつもりでも課題に対する認識がずれているなど、様々な問題があって集客効果が上がっていないのです。

完成したと思ったLPもまだ完璧ではないので、これから運用して最適化していくことが重要になります。ユーザーが離脱してしまう原因を究明して改善していくと、だんだんと問い合わせが増えていくでしょう。

その際に有用なのがウェブ解析ツールで、アクセスしたユーザーがページのどの部分で何秒くらいの時間を費やし、どの時点でページを閉じてしまったのかが統計的にわかります。その解析結果を参照して、トップを見てほぼ100%離脱しているのならトップを改善し、サービスの説明で長く滞在した後に離脱しているなら説明をもっとわかりやすく簡潔にするといった対策を講じることが可能です。このような改善を繰り返して運用するものだということを認識した上でLPを制作しましょう。

もしLPの最適化が大変だと感じるならプロに任せてしまうこともできます。ウェブ関係の会社ではLPの最適化サービスを提供していることも多く、制作と合わせて依頼することも可能です。ウェブ解析にも強く、解析結果からどのように改善すべきかについてのノウハウも持っているプロの会社に依頼すればスムーズに最適化を進めてもらえるでしょう。

依頼するのに費用はかかるものの、ウェブ広告やLPの集客力を速やかに上げられる可能性が高いという点で魅力がある方法です。

社労士にとってLPは効果的なウェブ集客の手段

社労士がウェブ集客をするときには積極的な営業を行えるLPをウェブ広告と合わせて使用するのが効果的です。ターゲットに合わせて広告を制作し、その内容に興味を持ったユーザーに社労士に相談したいと思ってもらえるようにページを構成しましょう。
最初は集客力がない場合が多いですが、最適化していけばきっと多くの顧客から問い合わせを受けられるようになるでしょう。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました