今さら聞けないコピーコンテンツとは?士業が注意すべき事

ライティング

皆さんはコピーコンテンツに注意しながら、コンテンツの作成をされていらっしゃるでしょうか?

コピーコンテンツは、士業事務所のサイトに掲載する記事において、絶対に注意しておかなければならない重要事項です。

今回は、コピーコンテンツを再度認識して頂き、日々のコンテンツ作りに力を注いで頂ければと思います。

1.そもそもコピーコンテンツって何をいうの?

まず、再度触れておきますが、コピーコンテンツとは、簡単に言うと著作権を侵害しているようなものでもあります。

士業の方であれば、なおさら「著作権」と言う権利について詳しくご存知だと思われますが、コンテンツにも、人の書いた記事をコピーして掲載すると言う事は、Googleの考え方としても絶対的にやってはいけない事なのです。

もし、コピーコンテンツをしてしまうと、Googleからペナルティを受け、最悪の場合、削除されてしまいます。

せっかく制作した物が消えてしまっては元も子もありませんから、コンテンツ作りではコピーコンテンツに関して十分な注意をしておかなければなりません。

2.士業がやってしまいがちなコピーコンテンツ

では次に、士業と言う業種がら、どうしてもやってしまいがちなコピーコンテンツについて解説していきましょう。

士業と言う業種は、世の中でもある意味特殊であり、専門家です。

その分、例えば、法律として決まっている事や、法律用語等を掲載する際には、他の方と同じ言葉や、言い回しが出てくると言う可能性はあります。

勿論の事ながら、法律等によって、すでに定められている事を解説する事で、言い方が似てしまっていたり、他の表現方法がないと言う場合に関しては、コピーコンテンツだとは言い切れません。

そのような場合には、故意に似せたと思われないように、頭を少しひねって頂き、自分の言葉に置き換えて表現をする事をおススメ致します。

そうすれば、Googleもそこについて追及してくる事は、まず無いと思って良いでしょう。

3. まとめ

士業と言う業種がらの、コンテンツ作りに関してコピーであるかどうか?は、どうしても避けて通れない道とも言えます。

しかしながら、やはり人が書いた記事とほとんど同じように書けば、それは立派なコピーコンテンツとなってしまうのです。

ですから、題材を決めて、他の方がどのような解説をしているか?を参考にする事は良いですが、自分ならば、このように説明したいであったり、こういう表現の方が読み手にとってわかりやすいのではないか?等、独自の考えによって、作成する事が大切だと言う事になるのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました