コンテンツの題材は、何を考えて作成すべきなのか?

ライティング

日々、努力を重ねて、コンテンツの作成をし、事務所のサイトに掲載されている方は多いと思います。

しかし、このコンテンツ作り自体を、どうしても苦手としてしまう方も結構いらっしゃる事も事実です。

今回は、このコンテンツ作りについて、まずは何を題材として考え、作成すべきなのか?について考えて行きたいと思います。

1.作成前に考えるべき題材はどうすれば良いのか?

まず、記事の作成に入る前や、タイトルを決定する前に、今回書く記事の内容を決定する必要があります。

この題材について、悩まれる方は結構多いのではないでしょうか?

日々掲載をしていくと、いきなり記事のネタに詰まってしまったなんて経験をされている方もいらっしゃると思われます。

この場合、一度、読み手の立場に立って考えてみると言う事をおススメ致します。

士業事務所のサイトの場合、そのサイトやコンテンツのページを閲覧される方と言うのは、何かしらの士業に関する情報に興味を持っていたり、実際に知る必要があって、困っている方もいらっしゃる可能性が高いのです。

すると、必然的に、読み手が求めている題材が必要になると言う事になります。

例えば、世の中の情報で、今話題となっている内容を調べてみたり、士業ではない検索ユーザーが求めている情報は一体何なのか?と言う事を、相手の立場に立って考えてみる事が大切なのです。

すると、士業の皆さまが持っている知識を使って、ユーザーが抱えている疑問や、不安を解決できる可能性が高まってきます。

普段、依頼主からの相談内容や、質問等において、様々な回答をされていらっしゃると思いますが、これと同様に、掲載するコンテンツに関しても、相手の立場に立った形で題材を決めたり、タイトル、構成、内容等を決定していく事が重要なのです。

コンテンツは、読んでいる方と直接対話をするわけではありませんが、こちらが発信するコンテンツを、読み手が読む事によって、会話をしている物だと言う認識を持ち、作成する事をおススメ致します。

2.まとめ

いかがでしょうか?皆さまは日ごろ、このような事を考えながらコンテンツ作りが出来ているでしょうか?

今一度、ご自身が掲載しているコンテンツに対して、再検討して頂き、更なる記事へのファンを集める事が出来る結果に少しでも近づけるよう、対策や努力をしていく事が大切です。

このように、些細な事であっても、小さな努力がコンテンツマーケティングへも繋ける事が出来る結果に近づきますので、まずは読み手の考え等を意識した上で作成する事をおススメ致します。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました