外食チェーン10年の実績!現場がわかる社労士!

士業

プロフィール

1988年 専修大学経営学部情報管理学科卒業
2000年 社会保険労務士試験合格

以後、複数のアウトソーサーで給与計算・社会保険業務を経験後、成長中の外食チェーンへ転職し、人事労務全般の実務担当者として10年あまり勤務。​

2019年 社会保険労務士曽根事務所を開業。

インタビュー一問一答

得意な業務を教えてください

助成金や労務顧問などをメインにやっています。
給与計算も得意で、お仕事を頂いております。

開業してどれくらい?

2019年4月に独立しています。

従業員数は?

今は一人でやっています。

現在の集客方法は?

ホームページは一応持っていますが、自己紹介用に使用しています。
基本的にはご紹介がメインです。
ご紹介してもらうためにご紹介出来る人を現在探しています。
覚えて頂けるように営業活動をしています。

お客さん層?

飲食店のオーナーさん・歯医者さんの方が多いです。

稼働時間は?

10時-19時くらいで稼働しています。

休日の過ごし方は?

よほどのことがなければ、日曜日は休みにしています。
身体を動かすことが好きで、ランニング・フルマラソンが趣味です。

曽根さんのウリは?

外食チェーンで10年間労務管理をしてきたのが売りです。
現実的にできる労務管理や現場を知っているからこその提案が出来ると思っています。
「丁寧なヒアリング」 
「優先度が高く運用しやすいご提案」 
「責任をもった実行のサポート」
がウリです。

なぜ社労士になったのか?

資格をとったのは、身近なものが多かったからです。
働いている上で社会保険・年金・労働基準法は必要なもので、とっかりやすかったからです。

社労士の魅力とは?

国家資格なので、信用はあるところです。
何もなくてビジネスやるよりもベースがあるのでやりやすいと思っています。
特に社会の時流、働き方改革などは社労士にとって追い風になっていると思います。

今後のビジョンは?

制度支援と助成金と社員教育セミナーを入り口にして、労務顧問につなげていきたいです。

売上規模を大きくして、法人化も視野に入れていきたいです。

最後に一言

外食チェーンの10年の経験があるので、飲食の案件にはお役に立てると思っています。
タイトルとURLをコピーしました