安心して働ける職場環境を作る!!会社員の心に寄り添う社労士

WEBマーケティング

社会保険労務士事務所スローダウン
室岡 宏

業務内容

通常の社労士としての業務とは別に、カスタマーハラスメント対策に力を入れています。通常ハラスメントに関する問題は社内で発生するものとして扱われていますが、私は社外からのハラスメントにも着目し、職場環境の改善をお手伝いできればと考えています。また、全ての案件に対して、メンタルヘルスの視点を重視しています。会社の衛生要因をバランスよく整備することで、労働問題で苦しむすべての労働者様、職場様、企業様のお役に立たせていただきたいと考えております。

現在の業務をするに至ったきっかけは?

前職での経験から、社内環境を良好なものにしたい、働いている方々の精神的な問題に取り組みたいと言う意識を持っていました。そのため、前職時代に社労士資格を取得し、労働環境改善のために当事務所を設立致しました。

どのようなことが大変でしたか?

自分のように社外からのハラスメントに対して問題意識を持っている方が少ないことです。カスタマーハラスメントは世間的な認知はまだ低い問題です。また、問題意識はあるものの、具体的な行動に移せていない方も多く、そのような方々とはセミナーや勉強会を共同で開催したいと考えています。

改善策としてどのようなことをしましたか?

事務所サイトや交流会等を通して、Webや対面どちらでも、自分の問題意識をアナウンスできる機会を設けるよう意識して動いています。世間的な認知が低いと言うことは、まだ価値を認識されていないと言うことです。いずれはカスタマーハラスメント・社外問題についての教科書となるような本を出版する予定です。

今の士業界についてどう思いますか?

かつての士業が行う業務としては手続き代行が主なものでした。しかし昨今電子化が進み、事務的な業務は徐々に少なくなってきています。そういった時代の中でこれからの士業に求められることは、お客様の抱えている問題を解決するためのご提案ができるかどうかだと考えています。自分がどのような強みを持っているのかと言う客観的な自己理解と、私たちが自ら問題を見つけ出していこうと言う積極的な姿勢が重要です。

若手士業にアドバイスをお願い致します!

基本的にはそれぞれの資格に付随する法律・ルールの正しさを説明できるための勉強が必要です。当然のことですが、これは士業の基盤としてなくてはならないものです。それを踏まえた上で、今までの成功・失敗した経験を全てプラスに変え、それらを活かす方法を考え、実際に動くことが大切です。それぞれの士業がそれぞれの問題意識を持ち、社会でその人独自の役割を果たせるような人材であって欲しいです。

本日はありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました