SEOとして注意しておきたいhtmlタグについて

SEO

普段皆さんは、記事を作成し、その上でアップ作業に入られていると思います。

このアップ作業の段階で、htmlタグを利用されるはずですが、このhtmlタグには、注意して頂きたい点がありますので、今回は、SEO的に注意した方が良いhtmlタグをご紹介させて頂きたいと思います。

1.SEO的に評価を下げてしまうhtmlタグ

delのタグについて

まずは、以下の画像をご覧下さい。

c30ff2940e4b89dac45ff8ee920b1eba

e39da8878b1d2470d70c68ffba196c21

この画像を見れば、お分かり頂けると思いますが、このdelタグについては、変更をしたり、削除をしたと言う事を検索エンジン等に伝える為のタグとなっております。

画像のようにコードを打つと、表示が2つ目の画像のようになります。

これを使う理由としては、重要度を下げたい時や、検索エンジンの評価等を下げたい場合等に利用されるのですが、この事を知らずに使われているようであれば注意する必要があります。

strongタグについて

strongタグも、日々記事をアップする上で、使用される方は結構いらっしゃると思います。

こちらも以下の画像をご覧下さい。

b73c8ceaf6b3440728e15255766f4f0e
399a9f6f6eabffcacd056b731f8de5a1

このように、強調したい場合には、画像のようにコードを打つと、下の画像のように表示が行われます。

ここで注意して頂きたい点としては、このstrongタグを多く使用してしまっていると言う点です。

例えば、SEO的な点で考えると、3つ程度に抑えておけば、有効な手段だと言えます。

しかし、strongタグを何個も多く使用する事によって、記事を読む検索ユーザーや、検索エンジン等に対しても、一体どのが重要な部分であるか?と言う事が、逆に分からなくなってしまう事態を招くからなのです。

そうなると、SEO的には逆に評価を下げてしまうと言う結果となってしまいますから、注意しておく必要があると言えるでしょう。

2.まとめ

いかがでしょうか?

普段、私たちが、記事をアップする際に、何気なく使用しているhtmlタグにも、使い方によっては、SEO的に不利に働いてしまうと言う可能性が隠されている事がお分かり頂けたと思います。

この事を、しっかりと理解した上でアップを行わなければ、せっかく上げた記事も、逆効果をもたらしてしまっては意味がありません。

今一度、士業事務所で掲載している記事を確認し、今回ご紹介させて頂いた内容と一致する部分がないか?チェックしてみる事をおススメ致します!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました