SEO記事を作る場合の、内容量はどうすれば良いのか?

SEO

皆さんは、士業事務所のホームページサイトにおいて、日々努力をされて、記事作成に取り組まれている方も結構いらっしゃると思います。

この記事の内容量については、どのくらいが目安であるか?について、考えてみた事があるでしょうか?

今回は、そのSEO記事を作成する上で、内容量としてはどのくらいが理想的であるかについて、お話をさせて頂きたいと思います。

1.量ではなく質が肝心

これまでの記事においても、幾度に渡り、Googleの考え方をご紹介させて頂いてきました。

この事を、本当の意味で理解されている方であれば、答えはおのずと出ていると言う方もいらっしゃると思います。

しかし、日々制作するSEO記事で、まだ悩みながら書かれていると言う方も結構いらっしゃるはずです。

そんな方は、まずGoogleのそもそもの理念や考え方を理解する所から始める必要があります。

Googleは、記事を提供している側ではなく、その記事を実際に読む、検索ユーザーにとって、良質であり、価値があるものでなければならないと言う考え方を持っています。

そこからも分かるように、SEO記事は量ではなく、質が最も重要であると言う事が理解できます。

例えば、大容量の内容となる記事を、ユーザーにとって価値があると思い、長文の文章を作ったとしましょう。

それが、文章の構成上、分かりやすい内容であったり、結果的にユーザーにメリットとなるのであれば問題ありません。

しかし、長い文章を読むと言うのは、人にとって苦労も伴います。

せっかく最後まで読んだとしても、結果的によく理解できなかったり、疲れただけで内容が頭に入って来なかったとなると、これはすでに記事を作成する側の自己満足であり、評価に値しません。

だからと言って、短くすれば良いと言う事ではなく、肝心な事は「長かろうが、短かろうが、読み手にとって満足のいく内容である必要がある」と言う事なのです。

つまり、量ではなく、その書く内容1つ1つに対して、読み手が結果的にプラスになるような構成や、量を判断しなければならないと言う事になります。

それが、結果的に、量ではなく、質であると言う事に繋がるのです。

2.まとめ

いかがでしょうか?今一度、ご自身の書いている内容や、スタイル等を把握しなおし、修正すべき点は、修正をかけて順位の 変動を見ると言う事も大切です。

あなたが提供している記事は、読み手にとって負担がなく、価値があるものになっているでしょうか!?この機会に是非再チェックを行いましょう!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました