依頼を勝ち取るために信頼感のあるホームページを作成しよう

信頼感 WEBマーケティング

弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士といった、国家資格をクリアして初めて仕事のスタートラインに立てる士業のホームページでは、商品を販売しているホームページ以上に、信頼感をもってもらえることが重要なポイントになってきます。

特に、検索ユーザーがホームページにアクセスした場合には、あなたのことは全く知られていないわけですから、ホームページで是非この事務所に依頼したいと思ってもらわなければ、その他大勢のホームページと同じように素通りされてしまいます。

今回は、士業のホームページが依頼を勝ち取るために重要な、信頼感を高めるための方法について、解説していきます。

あなたの写真を目立つ場所に掲載しよう

実際に依頼を受けた場合には、多くの業務ではお客様と対面でお話をすることになります。

その場合に、お客様にあなたがどのような方なのかわからなければ、非常に不安になってしまうことは、自分自身に置き換えてみても明らかだと思います。

上記の不安を少しでも解消するために、一番効果的なものが、あなた自身の写真をホームページに掲載する方法になります。

写真は単に掲載されていればいいというわけではなく、トップページのアクセスした場合に誰でも見る場所に掲載しておくことが重要となってきます。

ホームページに掲載する写真は、事務所のイメージをお客様に与えるという意味で非常に重要なものですので、お金をかけてでもプロのカメラマンにしっかりと撮影していただくようにしてください。

人物の写真以外でも、事務所の風景やお客様との商談場面など、掲載できるものがあるのであれば、ホームページの各項目で紹介することで、より信頼感を増すことができるでしょう。

しかし、1番重要な写真は、あなた自身の写真ですので、トップページに掲載する写真に徹底的にこだわる方がいいでしょう。

文字を見てストレスをためかねない余計な小細工は控えよう

ホームページを作成する場合に、どうしてもアクセスした検索ユーザーに強くアピールしたいという気持ちが働くことは非常に理解できることです。

とはいうものの、アピールしたいあまりに、写真やロゴまたはイラストを掲載して親しみやすさを出すことは問題ないですが、加工を掲載する文章にまでおこなってしまうと、パッと見た瞬間は目立ちますが、読みすすめていくうちにストレスを与えてしまうことを考慮していなくてはいけません。

太字や色付け、アンダーラインなどで、重要な部分を強調して目立させることはするべきことですが、多くの部分を強調してしまうと、結果として重要な部分がどこなのか読み手が理解できなくなってしまい、最悪の結果として役に立たないものだったと判断される危険もあります。

太字や色付けをする場合には、何色もカラフルに色を使うのではなく、一色に統一して強調するようにしましょう。

また、強調する部分は、本当に重要だと考える部分のみに限定しておこないましょう。

士業の場合には業務を受任するためのホームページなのですから、目立つことよりも落ち着きと安心感を与えることで、ホームぺージの信頼感を高めることが可能になります。

まとめ

今回は、ホームページにアクセスしたユーザーに信頼感を高めるための方法を解説してきました。

写真、文字ともに重要になりますが、特に写真は第一印象として残るものですので、あなた自身が最高と思える写真を掲載し、好印象のホームページ作成を目指してください。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました