ホームページからの集客を考える際に忘れてはいけないこと

ホームページ作成のポイント WEBマーケティング

ホームページから集客を考えるのであれば、忘れてはいけないポイントが存在します。

いきなり多くのポイントを忘れないようにということは、最初の段階では逆効果になりますので、ここでは絞って本当に忘れてしまうと致命傷になりかねない部分を抜き出して、解説していきます。

あなたはホームページのコンセプトを誰かに答えることができるか?

最も重要なことは、作成するホームページのコンセプトが何か?ということです。

コンセプトが明確になっていなければ、作成そのものが困難ですし、例え作成をしていたとしても、コンセプトが不明確なために、どのようなホームページを作成すればいいのか、自作でも外注の場合でも、混乱が生じて時間が無駄にかかってしまう可能性が高くなります。

さらに外注している場合には、変更点が発生するたびに費用も発生することになりますので、依頼当初の価格よりも大幅にコストがかかってしまったというような、開業当初の事務所では痛すぎるダメージを負うことにもなりかねません。

最悪なパターンは、いろいろと迷走した結果として、ホームページだけは一応完成したものの、アクセスしたユーザーに対して、何を伝えたいのかよくわからないページだと判断されてしまうことでしょう。

ホームページにアクセスする潜在顧客のほとんどは、あなたの事を知らないわけですから、ホームページから与えるイメージが第一印象となってしまいます。

いい印象を持たれれば、依頼にも繋がって今後も継続的のお願いされるなどの、好循環が期待できます。

ですが、よくない印象を持たれてしまうと、次にあなたが非常に専門性の高い業務をおこなっており実績があったとしても、最初の印象が潜在的に意識に残っていますので、依頼に繋がりにくくなる可能性もあります。

リアルで初対面の方に名刺で印象がある程度きまるように、ネットの中ではホームページのイメージで、あなたの印象が決まるという意味では、ホームページはネット上の自分自身であると考えられます。

ネット上の自分自身であると考えると、ホームページのコンセプトの重要性が理解できるのではないでしょうか。

コンセプトは漠然としたものでも構わない

コンセプトを考える際には、漠然としたものであっても問題ありません。

何もない状態から、詳細なコンセプトを完璧に決めるという事は、事実上不可能でしょうから、自分のホームページにアクセスしたユーザーに対して「信頼感を持ってもらいたい」「親しみやすさを感じてもらいたい」といったように、漠然したものでも構いませんので、コンセプトを打ち出しましょう。

ホームページのベースの色も信頼感や親近感、親しみやすさなどによって使用したほうがいい色に変化がでてきますし、掲載する文章や写真にも多少の変化が出てくることになるのです。

コンセプトと聞くと難しいイメージがあるでしょうが、一言で表現すると、あなた自身が業務をするにあたって、どう見られたいと考えているかを思い描いてみてください。

ホームページで最も伝えたいことはなにか?

コンセプトが決定したら、ホームページで何を伝えたいのかを決めましょう。

作成するのが業務特化型のホームページであると仮定して、どのような方ターゲットにして、ホームページからのメッセージを届けたいと考えているでしょうか?

例として、会社設立をサポートするホームページを作成したとします。

ですが、会社設立をサポートするホームページは既存のものを含めると山のようにあり、このままでは多数あるホームページと差別化ができなくなり、埋もれてしまいます。

そのためにも、ターゲットとなる人物像をまずは決めなくてはいけません。

会社設立であれば、「女性の起業家を応援」や「30歳以下の若手起業家支援」「シニアのセカンドライフのお手伝い」のように、アクセスしたユーザーに自分のことを指しているなと感じさせる工夫が大切になってくるというわけです。

上記は会社設立が、お客様が抱えている悩みとなるわけですが、ターゲットが同じであっても悩みの部分をいろいろ変化させることで、様々な業務に対応させることが可能です。

また、悩みの部分に関しても、単に会社設立だけでなく、「3日以内に設立手続き完了」や、「複雑な医療法人設立専門」というように、ターゲットは同じであっても、悩みの内容を同じ業務でも、より具体性と専門性を持たせることによって、よりイメージが湧くようにもっていくといいでしょう。

やるとダメージがある表現としては、値段の安さだけを強調することでしょう。

安いだけであれば、黒字か赤字かは関係なく、誰であっても安くすることは可能ですので、最終的にチキンレースになって、あなたの事務所が成り立たなくなる可能性が高くなります。

価格を全面に押し出すのではなく、期限や納期といった、依頼してくださるお客様が最も心配な部分にフォーカスを当てて、アピールしていくことが、大切であると覚えておくようにしてください。

まとめ

今回は、ホームページ作成の際の重要なポイントについて、絞って解説してきました。

ホームページは、コンセプトとお客様に伝えたいことがしっかりしていなければ、内容がぶれてしまい、分かりにくい内容となってしまいます。

アクセスしたユーザーがわかりやすく、依頼を考えてくださるページにするためにも、内容がぶれないホームページを作成することを、実践してみてください。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました