問い合わせを増加させるためには信頼されるプロフィールが重要

信頼感 経営・マーケティング

ホームページから問い合わせをいただいて、依頼を受任するためには、あなたのプロフィールが、お客様に信頼感や親近感を与えることができていることが、非常に重要となります。

プロフィールは単にあなたを紹介するものではなく、ホームページ上では、提供しているサービス・商品の一部分であると考えると、重要な事が理解できるのではないでしょうか。

どんなに、あなたの事務所が素晴らしいサービス・商品を提供していたとしても、プロフィールを読んだ、お客様の信頼感が微妙であれば、なかなか依頼には繋がらないでしょう。

逆に言えば、信頼感が非常に高いのであれば、新人の事務所でも、お客様から依頼をいただける可能性があるということです。

今回は、あなたが信頼されるためのプロフィールを作成するために、押さえておきたいポイントについて解説します。

プロフィールはあなたの魅力を発信することが重要になる

仕事は人間同士がお互いを信頼してこそ成り立ちます。

いずれはAIが発達して、人間が介在しなくても、サービス提供が完了することもあるかもしれませんが、士業の仕事のように、お客様の状況によって無数にパターンが存在する仕事は、人間関係の重要性がなくなることはないでしょう。

人間関係が重要な士業の場合には、提供している業務だけではなく、あなた自身もサービス・商品の1つであることを理解して、魅力的にプロフィールを作成する必要性があるのです。

自分のプロフィールを商品の紹介と考えれば、箇条書きにダラダラと書いてしまうことがマイナスに作用することは、日常生活で商品説明を多く見ていれば理解できますよね?

商品説明は、お客様自身が利用した場合に、どのような効果があるかを想像できるようにしてあるはずです。

ですから、あなたのプロフィールを見た方に対して、人柄ができるだけ伝わるような表現をすることが、ポイントとなるわけです。

では、魅力的なプロフィールのために、入れておきたい必須事項を見ていきましょう。

プロフィールに入れておくべき内容

あなたの顔写真

顔も知らない人に、重要な仕事を依頼することは、不安でしかありません。

ですから、事務所の代表者である、あなたの写真は絶対に掲載しましょう。

写真に笑顔は必須ですし、服装も士業である以上は、スーツを着用して、バッジなども見えるようにしておくこともポイントになります。

失敗しないためには、プロにホームページのプロフィール掲載のために、このようなイメージの写真が欲しいと相談して、撮影していただくといいでしょう。

これまでの実績

既に実績のあるかたであれば、これまでの実績を掲載すると、より信頼感が増します。

メディア掲載や、本を出版しているなどの場合には、必ず乗せるようにしてください。

経歴

経歴は信頼感よりも親近感を持っていただくために、重要なものとなります。

例えば、あなたが生まれた国・県・市などを掲載することで、同じ出身地の方が親近感を感じることもありますし、学校についても、幼稚園や保育園など小さなころから通った全ての学校を掲載しておくことで、同じ学校の方が、親近感を感じることもあります。

人間は心理的に、自分と共通項がある方については、親近感を潜在意識の中に感じる生き物ですので、経歴に関しては、できるだけ細部まで公開しておくと、予想外の効果があるかもしれません。

士業事務所を開業した、あなたの想いを伝えよう

プロフィールも重要ですが、士業で独立開業している理由も同様に重要となります。

士業であっても既存の事務所に勤務することも、会社の法務部門に所属することもでき、独立開業しか選択肢がないわけではありません。

それでも、独立開業を選択したのであれば、必ず独立開業して行動している理由は、誰にもあるはずなのです。

理由をわざわざ格好を付ける必要はありません。

あなたが、独立開業を決めた当時の理由を、ストレートにお客様に伝えることができれば、同業との差別化にもなり、あなたのファンになってくれれば、継続的な依頼や他のお客様の紹介も期待できるかもしれません。

経歴に共感して、あなたのファンになってくれた、お客様は、何かあればまずは、あなたに相談してみようとなり、まずます信頼感が上がる好循環が生まれることになります。

お客様に対して、あなた自身が守るべきことを考えよう

これからホームページを開設するのであれば、士業のホームページをいろいろ見てみてください。

「○○業務専門の事務所が最短〇日で依頼を完了させます。」などのように、お客様に対して安心感を与える、アピールをしているはずです。

アピールをする以上は、依頼を受けたお客様に対しては、予測不能のことがない限りは可能なものだろうと、お客様は考えますので、あなたにとってはお客様に対して守るべきものということになります。

人によって、お客様に対して、守るべきことは異なりますので、自分が依頼をする立場になった際に、士業にこうしてもらえると、助かるなと言う部分をピックアップして、事務所で扱う業務に最適なものを、お客様に対して守るべきこととして、ホームページで宣言しておくといいでしょう。

専門家が些細なことと考えていても、一般の方である依頼者にとっては必要な情報もあるということをくれぐれも忘れないようにしておけば、お客様に対して不安感を与えてしまうことはないはずです。

まとめ

今回は、事務所が信頼感と安心感を勝ち取って、依頼を増やすために重要となる、プロフィールについて、解説してきました。

プロフィールは一つとして同じものがない、世界であなただけのものであり、お客様にアピールできる非常に重要なポイントとなります。

魅力的なプロフィールを作成して、あなたのファンを増加させることが、結果的に依頼に繋がることを理解して、作成してみてください。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ
士業が売上アップをするための具体的なノウハウを公開
開業から急成長続ける弁護士に聞く「スケールする方法」
集客とは一体?士業の大半が犯す集客の失敗

タイトルとURLをコピーしました