コンテンツを書くときに気を付けるべき3つの注意点

ライティング

ホームページやページを作成する際には、必ず記事(コンテンツ)が必要になります。

それでは記事を書く際には、特に注意すべき点としては、3点挙げることが出来ます。

1.文字数と上位表示って関係あるの?

2.上位表示したいキーワードって何ですか?

3.質の高いコンテンツを作ることが集客への第一歩

1.文字数と上位表示って関係あるの?

必ずしも上位表示させることと、文字数には明確な関連性はありません。

Googleは検索したユーザーが知りたい情報にマッチする情報を記載しているページを上位表示させます。

ですから、いかにユーザーが知りたい情報や求めてる情報を説明出来るかが大事になってきます。

また、検索順位は競合の有無によっても異なってきます。

「建設業許可 東京」というキーワードで、競合他社が同じような記事を作っていたとします。

そういった場合では、競合他社よりも、詳しく、わかりやすく、ユーザーの求めるような記事を作成しなくてはいけません。

あくまで、競合サイトの状況を考えた相対的な評価が検索順位を決定します。

競合が多ければ、競合に勝てるようなページを作らなくてはいけません。

逆に競合が少なければ、そこまで作りこまなくても上位表示される可能性もあります。

2.上位表示したいキーワードって何ですか?

ページ制作する際に、上位表示させたいキーワードを考えることも大事な要素になってきます。

そもそもキーワードに関しては、大きく【ビックワード】【ロングテールキーワード】に分類されます。

2-1.ビックワード

ビックワードとは、【税理士】【会社設立】【相続税申告】などが該当します。

ビックワードは、上位表示させることが出来れば、多くの集客を期待出来ます。

もちろん、競合他社も同様な事を考えています。

ですから、上位表示を目指すには、相当な労力が必要になってきます。

これからページ制作を考えるであれば、次に上げるロングテールキーワードから意識していくことが大事になります。

2-2. ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは【税理士 料金】【会社設立 メリット】【相続税申告 方法】などになります。

このようにキーワードを絞りこむことのメリットとしては、上記のキーワードを意識してコンテンツを作っている競合他社が少ないという点です。

ですから、競合他社が少ないということは、上位表示することの難易度が下がります。

2-3.実際にキーワードを考えてみる

士業の場合だと、どのようなキーワードがよいのでしょうか?

効果があるキーワードとしては、地域名+業務名が良いとされています。

社労士の先生であれば【助成金+福岡県】、行政書士の先生であれば、【建設業許可 熊本県】などのキーワードが挙げられます。

3.質の高いコンテンツを作ることが集客への第一歩

簡単に言うと、質の高いコンテンツとは、ユーザーが知りたい情報や求めている情報を説明出来ているかが重要になります。

記事を書く際には、【量より質】【質より量】という議論はあると思います。

ただし、Googleの判断基準から考えると量つまり文字数が多ければいいとは言い切れません。

Googleの判断基準は、コンテンツの質を重視する傾向がありますので、文字数よりも質の高いコンテンツを作るという点がSEOで上位表示させる上で重要な要素になります。

また、多くの方が知っている情報や、競合他社と似たようなコンテンツしかないページはgoogleからはほとんど評価されることがないです。

そして、質の高いコンテンツとは、単に難しい情報を記載すればいいという訳ではありません。

あくまでユーザーが知りたい情報をわかりやすく提供することが大事になってきます。

たとえば、専門的な用語ばっかりが並んでいてまったくよくわからないページと専門的な用語も書いてありますが、わかりやすく記載されているページのどちらが質の高いコンテンツと判断されるでしょうか?

もちろん、わかりやすく記載させているページの方が質の高いコンテンツとして判断されます。

わかりやすく記載されていることで、訪問者の満足度が上がり、再訪問してくれる人が増えます。

まとめ

コンテンツを作る際に、いかにユーザーが知りたい情報や求めてる情報を書くということが一番大事な事になってきます。

競合他社に勝ちたいと考えているのであれば、今すぐにでもコンテンツ制作をすることを始めていきましょう。

しっかりとキーワードを考えて、質の高いコンテンツを作成しても、すぐに上位表示されるとは限りません。上位表示されるには、時間がかかるケースがあります。

ですから、コンテンツ制作を始めるタイミングは早ければ早いほど良いです。

おすすめの関連記事
税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました