士業の先生も理解すべきgoogleアルゴリズムとは

WEBマーケティング

そもそもgoogleアルゴリズムとはなんでしょうか?

簡単に言うと、アルゴリズムとは何かを検索した際に出てくる検索順位を決定するルールのことです。

このルールによって順位が決まり、検索結果が表示されることになります。

つまりgoogleアルゴリズムが理解出来れば、ホームページについてより詳しく理解することが可能になります。

近年士業界でも注目されているコンテンツSEOは、このアルゴリズムを念頭に置いて考えられています。

それでは詳しくアルゴリズムについて考えていきましょう。

1.アルゴリズムの決定方法は?

アルゴリズムは200以上の指標があり、それに基づいて検索順位を決定しています。

たとえば【ドメインの取得年】【コンテンツの質】【ページ内のリンクの数】【サイトの更新頻度】などさまざまな指標があります。

Googleとしては、より良い検索結果をユーザーに提供するために、アルゴリズムは更新されていきます。

こうした指標を活用して、googleは上位に表示するサイトを決めています。

しかし、こちらの指標をすべて理解しておく必要はまったくありません。

本当に理解しておくべきポイントとしては、 【ユーザーが求めている情報を提供すること】を覚えておくことです。

なぜかと言うと検索のアルゴリズムを更新するのは、【ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が報われること】を目的としていると、googleは明言しています。

ですから、細かい指標はもちろん存在しますが、中心となる考え方は【ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が報われること】という訳です。

この点はコンテンツを作成する際には、意識しておかなくてはいけません。

2.アルゴリズムのアップデートとは

実際にアルゴリズムはアップデートされていきます。

ここではアルゴリズムアップデートについて調べていきましょう。

主にアップデートの種類としては、【パンダアップデート】と【ペンギンアップデート】の2つが挙げることが出来ます。

このアップデートは簡単に言うと、【ユーザーにとって有益でないサイトはどんどん順位を下げていきます】ということを目的に行われています。

それでは詳しく見ていきましょう。

2-1.パンダアップデート

パンダアップデートとは、ユーザーにとって価値がないサイトの順位を下げるというアップデートです。

ここでいう有益でないというのは、以下のようなサイトが考えられます。

【専門性や独自性がなく、他のサイトと同じような内容を記載している】

【オリジナルコンテンツではなく、コピーコンテンツを使用している】

先程お伝えした通りgoogleは、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々が報われることを目的としていますので、このように質の低いコンテンツやスパムサイトの順位を下げるようなアップデートを行っています。

近年、士業界でもコンテンツを重視したホームページ制作が、注目されているのはこのアップデートが要因になっています。

余談ですがパンダアップデートの語源は、エンジニアであるビスワナス・パンダ氏が中心となっていたため、そのように呼ばれています。

2-2.ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは、不自然な被リンクにペナルティを与えるというルールになっています。

たとえば、

【質の悪いサイトからの外部リンク】

【自分で作成したブログからの外部リンク】などが挙げられます。

こういった外部リンクは大抵SEO会社などが勝手に作っているものが大半です。

そもそも外部リンクされるということは、SEO会社にお金を払う必要もなく、勝手に紹介されるものだと考えているからです。

無理矢理上位表示されたサイトは認めないというgoogleの意志が存在しています。

まとめ

アルゴリズムを本質的に理解することが重要になってきます。

これからは今まで通りのSEO対策では通用しなくなってきています。

小手先のSEO対策ではなく、しっかりとしたSEO対策が必要になってきます。

【いかにユーザーにとって、有益なコンテンツを作成していくこと】が重要になってきます。

SEOに関しては色々な意見があると思いますが、googleが掲げている【ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が報われること】という原点を忘れずにホームページを作成していく必要があります。

おすすめの関連記事
税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました