士業ホームページのページタイトルはどうつける?

士業

ページタイトルを適当に付けないでください!とても重要です

なぜページタイトルはとても重要なのでしょうか。

それは、ページタイトルの付け方次第でホームページからの集客力が大きく変わるからです。

まずホームページを運営していく上で、折角作ったホームページもお客様に認知してもらわなければ意味がありません。

そうしますと、より多くのお客様に認知してもらう為には、Googleなどの検索エンジンにおいて上位に表示してもらう必要があります。

自分が調べ物をした時に、真っ先に開くページは大体1ページ目に出てくる上位サイトが殆どかと思います。

そうしますとあなたのホームページも上位に検索表示された方がお客様のアクセスは多くなりますよね。

では、どうしたら上位に表示されるでしょうか?

Googleが検索順位を決めているのですが、

その際に最重要視してる項目の一つが「タイトル」なのです!

更にお客様目線で見た時はいかがでしょうか。

検索してまず目に入るのはホームページのタイトルです。

お客様はホームページの中身ではなくタイトルだけでまず判断してます。

自分にとって役に立ちそうな情報がそこにはありそうか。

つまり、タイトルから他との勝負が始まっています。

「ABC行政書士事務所」

このタイトル(事務所名だけ)を見て、お客様は「これは良さそうだ!」とは相当ブランドがない限り思わないでしょう。

お客様が思わずクリックしたくなるようなタイトルになっているか。

それとも平凡なタイトルになっているか。

これだけでもアクセス数は大きく変わってきます。

ですので、タイトルはとても重要で、適当に付けてはいけないのです。

クリックしたくなるタイトルにする3つのポイント

では具体的にどのようなタイトルにしていったらお客様から選ばれるのでしょうか。

ここでは、ついクリックしたくなるタイトルの3つのポイントをご紹介します。

1、キーワードを入れる

検索上位表示する為に最も重要なことは「キーワードを入れる」ことです。

先程もお伝えしたように検索エンジンはタイトルを重要視していますので、キーワードが入っていることで上位表示されやすくなります。

キーワードとはすなわち
「行政書士 会社設立」「司法書士 渋谷」「弁護士 交通事故 赤坂」
などのことです。

例えば、
「ABC弁護士事務所」
「交通事故に強いABC弁護士事務所」

キーワードが入っているタイトルを付けることで検索エンジンにとってはそのキーワードがメインテーマになっている可能性が高いと判断できますし、お客様にとっても「自分が求めている情報がここにはあるかも」と興味関心を引くこともできます。

2、具体的な数字を入れる

数字による訴求は誰にでもインパクトを与えやすいです。

具体的な数値を入れるだけで魅力は一気に増します。

先ほどのキーワードも踏まえて例えますと、
「ABC行政書士事務所」
「年間会社設立100件!ABC行政書士事務所」」

どちらの方が魅力が出ているかは一目瞭然ですよね。

3、タイトルは25文字以内での表示がオススメ!

GoogleやYahooの検索結果に表示される文字数の上限が約30文字程度です。

場合によっては丁度30文字でも末尾が省略されてしまうこともあります。

省略されてしまった場合末尾が「???」という表示になります。

クリックしてもらえるように、沢山魅力を書いたとしても省略されては意味がありません。

一目で何が書いてあるかわかるように、シンプルでわかりやすいものにしましょう。

タイトルが長いだけでクリックされない可能性もあります。

0ed077e674b2e13133cc69df621e14cf

fd66c39052a06c5511e87c00be1c0c5e

またタイトルを50、60文字と文字数を多くした場合、タイトルがまとまった表示になってしまうケースもあるので注意が必要です。

また、キーワードを詰め込みすぎることにより上位検索表示されづらくなるといったこともあります。


「ABC行政書士事務所は会社設立を東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に、今なら無料相談もお仕事帰りや祝日でも受付中!」

「ABC行政書士事務所」

ここで注意点があります!

検索結果は25文字以内での表示がオススメですとご紹介しましたが、その中でも実績や特典などの「お客様に魅力的な表現」はなるべく前の方に置く方が良いです。

なぜなら、後ろの方にした時に省略されてしまう場合があるからです。

基本的なタイトルの付け方を4パターンご紹介

最後にここまでご紹介したポイントをもとに、4つの事例をご紹介します。

1、値段訴求型

タイトルに値段(料金に関すること)を入れることで、お得感や安さをアピールします。

例えば
「全国最安!会社設立7800円のABC行政書士事務所」
「会社設立今なら手数料無料!ABC税理事務所」

2、実績訴求型

タイトルに実績を入れることで、信頼感をアピールします。

例えば
「年間会社設立300社ABC行政書士法人」
「弁護士法人ABC|顧問先数127社」

3、社会的証明訴求型

タイトルに社会的証明を入れることで、信頼感をアピールします。
社会的証明というのは、お客様の声やメディア掲載実績などの第三者からの評価のことです。

例えば
「お客様の声50件掲載!ABC弁護士法人」
「ABC司法書士事務所○○テレビなど多数出演」

4、地名訴求型

タイトルに地名を入れることで、立地をアピールします。

例えば
「渋谷で会社設立|ABC行政書士事務所」
「大阪ABC社労士法人」

まとめ

タイトルは自分にとっても、検索エンジンにとっても、お客様にとっても大事な役割を担っています。

タイトルの付け方一つで集客力は大きく変わります。

今回のポイントを参考にして、ぜひお客様から選ばれるタイトルをつけてみてください。

あなたのホームページのタイトル付けにお役に立てれば幸いです。

おすすめの関連記事
税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

士業
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました