社会保険労務士のホームページ制作・最新ノウハウ

WEBマーケティング

社会保険労務士のホームページ制作の相談が急に増えているように感じます。

これは社会保険労務士の人数の拡大とも関係していると思います。

2001年は25,721人だった社労士の数は

2009年には、34,223人となっています。

そして、ご相談をいただく社労士の方は、既にホームページを制作しているものの、上手く、ホームページ集客が出来ていないと言っているケースが多いです。

確かに、既にお持ちのホームページをみてみると、基本がしっかり出来ていないケースが多く、集客が出来る状態にはなっていません。

社会保険労務士のホームページの失敗事例

社会保険労務士のホームページで、集客ができていないサイトの共通点は何でしょうか?

ここでは、なぜ社会保険労務士が集客出来ていないかについて考えていきましょう。

何のホームページなのかわからない

これは社会保険労務士のホームページに限らず、集客出来ていないホームページに共通して言えることです。

これは何のホームページなのか?ということを一番最初に明確にしなくてはいけません。

まずは目的を持ってホームページを作成しなくてはいけません。

【自分のことを知ってもらうホームページ】なのか、

【社会保険労務士業務の依頼を目的にしたホームページなのか】ということです。

もちろん、この依頼目的のホームページであっても、何の業務(就業規則、助成金、社会保険、給料計算)などのの依頼を特に、ほしいのか?ということを明確にする必要もあります。

社会保険労務士のホームページでしっかりと集客をできている会社は、目的を明確に定めています。

社会保険労務士を全面に出している

ユーザーは、どの程度社会保険労務士のことを認識していると思いますか?

ユーザーが、何かに困ったときに、社会保険労務士を探そうと思ったことはあると思いますか?

社会保険労務士の業務の場合は誰が解決してくれるか知らない場合の方が多いと思います。

ですから、困っている業務で検索すると思います。

例えば、社会保険の加入で困っている場合には、

「社会保険 加入」と調べると思います。

また採用にあたって、就業規則を整える必要が出た場合はどうでしょうか?

「就業規則」や「就業規則 作成」などと調べると思います。

これらの問題や困っていることが、社会保険労務士の人が解決できるということを、多くの人が知っていれば社会保険労務士というキーワードで検索すると思います。

しかし、そのような認知度は残念ながらないと思います。

ですから、困っていることをキーワードにしなくてはいけません。

検索キーワードというのは、検索者のニーズの現れです。

検索キーワードのとおりにホームページを作る事が大事になります。

「就業規則」と検索している人は、「就業規則」以外のことは極端なことをいえば探していないのだ。

全ての情報を盛り込まないと損だと思っていませんか?

しかし、実は逆です。

自分の知りたいこととは関係のないキーワードやコンテンツ、文書などがあると、検索している人は、このホームページでは自分の探していることは見つからないと判断してしまいます。

そして、このホームページには自分の知りたい情報がない→ホームページから離脱となってしまいます。

ですから、社会保険労務士を全面に打ち出したホームページは必要ありません。

専門業務に特化したホームページを作成する事が大事になります。

キーワード対策ができていない

先に書いたように、多くの人は、自分の困っていることをキーワードとして検索します。

そのため、自分は誰の、何の困っていることを解決したいのか?ということを考える必要があります。

社会保険労務士のホームページでは、取り立てて、このキーワード対策が他の士業に比べて弱いように思います。

このキーワード戦略をしっかりと考えることで、他の社会保険労務士とは10歩近く先にいくことが出来ます。

社労士のホームページ集客を実現するポイント

ここまでで述べてきたように、ただカッコイイホームページをつくっても集客は実現しません。

ただ失敗したホームページ制作になってしまいます。

社会保険労務士の特性をしっかりと理解し、業務、ターゲットを考えていく必要があります。

そしてターゲットを考えた上で次に重要になってくるのが、競合の存在です。

競合との比較を意識する

いくらターゲットを考えてホームページを作成しても、競合に勝ち、その分野で上位にならなければまったく意味がありません。

この競合調査の観点が社会保険労務士は弱いと思います。

お客さんは、最後の意思決定をするときに、どこの社会保険労務士にお願いしたら自分は一番得か?ということを考えています。

そのため、代表であるあなたは、サービスの価値を極めて高いところまで磨かないといけません。

競合とサービス比較した際に、自分のところが圧倒的に優位になる部分を作らないといけません。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました