士業のためのワードプレス講座〜上級編〜

WEBマーケティング
Web Design Concept. Geometric Retro Style Banner and Poster Concept with Web Design Line Icons

ここでは、ワードプレスで記事投稿以外でできることについて説明します。

目次
1.トップページの編集・更新方法
2.サイドメニューの項目を追加する方法
3.プラグインの追加方法
4.表の作成方法

1.トップページの編集・更新方法

トップページの編集方法について説明します。

それぞれ文章とその下の画像を合わせて確認して下さい。

まず、「外観/テーマ編集」から「メインインデックスのテンプレート」を選択します。

bandicam-2014-01-30-23-12-52-262 (2)  bandicam-2014-01-31-00-17-00-271

トップページの編集をするとき多いのは、既にある記事の編集や新しい項目の追加、画像の挿入であると思います。

既にある記事の編集や新しい項目の追加はHTMLコードを用いて編集します。

HTMLコードの編集方法はこちら

画像の挿入方法はこちら

編集完了後、「ファイルを更新」をクリックして下さい。

ファイルを更新1

2.サイドメニューの項目を追加する方法

サイドメニューに項目を追加する方法について説明します。

「外観/テーマ編集」から「サイドバーのテンプレート」を選択します。

bandicam-2014-01-30-23-12-52-262 (1)  bandicam-2014-01-31-00-17-25-311

ここで、サイドバーに下記画像のような項目を追加するためには、赤枠内のHTMLコードを入力します。

bandicam-2014-02-05-00-26-34-338

ここから、HTMLコードのそれぞれについて詳しく記載して下さい。

まずはタイトルについて説明します。

サイドバータイトル

この項目に追加していきたい記事のカテゴリーなどをタイトルにしましょう。

例えば、「会社設立について」、「建設業許可申請について」など。

続いて、書いた記事のリンク先を作ります

記事の書き方についてはこちら

サイドバー項目その1

上記の赤枠部分内の「”http://no1.com”」をリンクさせたいURLに設定します。

リンクの貼り付け方はこちら

編集完了後、「ファイルを更新」をクリックして下さい。

ファイルを更新1 (1)

3.プラグインの追加方法

そもそも「プラグイン」とは何か?

プラグインとはワードプレスの機能を追加・拡張するための外部のプログラムのことを言います。

ワードプレスはこのプラグインをインストールしていくことによって、

SEO対策にも効果的でより便利に記事が更新できるようになります。

「プラグイン/新規追加」を選択します。

bandicam-2014-01-30-23-22-13-437

ここで追加したいプラグインの名前を検索します。

bandicam-2014-01-31-22-04-15-142

「いますぐインストール」

bandicam-2014-01-31-22-07-45-256

確認ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンを押します。

bandicam-2014-01-31-22-10-40-848

有効化しないとプラグインを利用できないため、忘れずに「プラグインを有効化」

bandicam-2014-01-31-22-12-43-506

プラグインを利用して、より便利で効果的にして下さい。

4.表の作成方法

ここでは、表の作成方法について記載します。

表とは、料金表などのように、ホームページを見ていただいている人が、より見やすくするためのツールです。

そのため、是非ここで作成方法について簡単なものを覚えて下さい。

表とは下記のようなものを指しています。

列A 列B 列C
行1 A1 B1 C1-C2
行2 A2 B2
行3 A3 B3-C3

この表は下記htmlコードにより作成しています。

 

列A 列B 列C
行1 A1 B1 C1-C2
行2 A2 B2
行3 A3 B3-C3

「」は「Table Header」の略で、各項目の小見出しを意味しています。

「」は「Table Data」の略で、各項目の値を入力して下さい。

それでは、それぞれの項目について、説明していきましょう。

列A 列B 列C

列A
列B
列C

また、各枠内の横幅を「width=”15%”」と指定しています。

この数字を変えることで、例えば下記のように変わります。

それぞれの枠の横幅の長さが変わっていることがわかると思います。

列A 列B 列C

列A
列B
列C

次の説明に入る。

行1 A1 B1 C1-C2
行2 A2 B2

行1
A1
B1
C1-C2

行2
A2
B2

「」で文字を真ん中揃えにしています。

「”center”」の代わりに「”left”」で左揃え、「”right”」で右揃えになります。

また、枠をを縦に結合させたい場合には、「rowspan=”2″」を使います。

例えば、3つ組み合わせたい場合には、下記のように「rowspan=”3″」とします。

行1 A1 B1-B2 C1-C2-C3
行2 A2-A3
行3 B3

行1
A1
B1-B2
C1-C2-C3

行2
A2-A3

行3
B3

最後の説明に入ろう。

行3 A3 B3-C3

行3
A3
B3-C3
?

枠をを横に結合させたい場合には、「colspan=”2″」を使います。

例えば、3つ組み合わせたい場合には、下記のように「colspan=”3″」とします。

行3 A3-B3-C3

行3
A3-B3-C3

以上、いかがでしたでしょうか。

トップページの編集やサイドの編集、プラグインと表の作成。

特にプラグインを追加することで、更に便利に更に効果的に変わってきます。

より良いホームページ作りに、是非活用してみて下さい。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました