士業がホームページを持つメリットとは?

WEBマーケティング

今の時代において、ホームページを持っていることは当たり前になってきています。

もちろん士業の世界でもそういった世界に近づいてきているように思えます。

逆にホームページを持っていないことによるデメリットというのは、とても大きなものがあります。

このページでは、士業がホームページを持っていることのメリット、ホームページを持っていないことによるデメリットについて考えていきます。

士業がホームページを持っていないとどうなるの?

困ったときにインターネットで検索をしない人というのは、本当に少ないと思います。

はじめてのアポの際など、相手の会社さんのホームページを検索する方も多いと思います。

ただ、本当にごくたまにだが、ホームページを持っていない会社さんがあります。

その時には、ちょっと不安な気持ちになることがあります。

本当にその会社さんはあるのだろうか?

ちょっとオーバーに聞こえるかもしれないが、今の世代は完全にインターネット世代です。

なんでもかんでもインターネットで検索します。

そのため、インターネット中心の考え方になっています。

そのような状況のためか、ホームページを検索して出てこなかった場合には、相当な驚きがあるということです。

士業の場合には、個人でやっている方も多いため、また、比較的ご年齢の高い事務所の場合には、ホームページが遠い存在になりがちです。

しかし、お客さん目線に立ったときには、事務所のホームページがないというのは大きなマイナスになります。

これは間違いないことです。 ホームページは、多くのお客さんの最初の窓口になります。

事務所の顔になります。

事務所の顔がないのはまずい。

ホームページのデザイン失敗の効果

事務所の顔であるホームページがあったとしても、そのデザインや文書などが稚拙なものだとこれもまた印象を悪くしかねない。

士業の先生は勉強熱心なため、自分でホームページを作ろうとしてしまう人もいます。

デザイン的に問題ないようであればいいのだが、中には、デザイン的にちょっと残念なホームページもたくさんあります。

そのような場合には、ちょっと厳しいことかもしれないが、ホームページをオープンしないほうがいいのではないかと思ってしまいます。

結局はホームページの目的は何か?ということをしっかりと理解する必要があります。

士業がホームページを持っていることの効果

やはり何よりも大きいのが、インターネット上に24時間、365日、

営業してくれる最強の疲れ知らずの営業マン

を設置することができる点です。

ホームページからの集客は、士業の今の時代には、欠かすことのできない営業チャネルです。

この効果はとても大きいです。

士業事務所の印象、ブランディングの問題

ホームページの大きな効果として、集客以外にも、その士業事務所の印象、ブランディングにも大きな効果を及ぼすことが出来ます。

先ほど書いたように、デザイン性のない稚拙なサイトでは、見た人は、その士業事務所にどのような印象を抱くでしょうか?

士業特有の固さなどを消す意味でも、イラストを使ってみたり、士業のよさを引き立たせるために、キレイめのデザインにしたり、写真をふんだんにつかってみたりと見る人の最初に思う、感じる、僕たちのイメージをつくることが出来ます。

まとめ

ホームページは、既存のお客さんにとっても、新規のお客さんにとってもなくてはならないものです。

ホームページを持っていることの効果、逆に、ホームページを持っていないことの効果について考えてみました。

総じて、これから開業される士業は、間違いなくホームページを持たなくてはならないと思います。

ホームページとどのように付き合っていくのか?

その観点が事務所の成長を決める1つの大きな要因になることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました