WEBマーケティングの主な種類を考えよう!

WEBマーケティング

WEBマーケティングに関して、SEOやアフィリエイトなどある程度の用語は聞いたことがあるだろう。
ここで一度WEBマーケティングの主な種類を考え、知識を整理していこう。
「WEBマーケティングの各手法は、何を目的に実施するのか」というところから考えると、下記3つの分類に分けることができる。

  1. 1.WEBサイトにユーザを集めるために行う手法→分類1:集客
  2. 2.WEBサイトに集まったユーザのコンバージョン率をあげるために行う手法→分類2:コンバージョン
  3. 3.ユーザのリピート率をあげるために行う手法→分類3:リピート率の向上

それでは、それぞれの分類にはどのような手法があるのかを見ていこう。

分類1:集客

・SEO

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略語で、和訳では「検索エンジン最適化」という意味である。
GoogleやYahoo!などで検索した際に上位に表示させるため、コンテンツの質を向上させたり、検索エンジンに評価されるようにWEBサイトを最適化していく対策のことである。

・アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、ブログやWEBサイトなどの媒体に、リンクを掲載してもらい、そのリンクから商品購入や資料請求などの成果が発生した時に広告費用を支払う仕組みである。成果が発生した時に報酬を支払う広告のため、成果報酬型広告と呼ばれている。

・リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザの検索キーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告(検索連動型広告)のことである。
Googleのサービスは「Google AdWords」、Yahoo!JAPANのサービスは「Yahoo!JAPANプローモーション広告」と呼ばれている。
ユーザの検索キーワードに関連のある広告が表示されるため、効率よく集客をすることが可能になる。

・アドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、多数のWEBサイトに広告を配信できる「広告ネットワーク」を利用した広告のことである。Google のサービスは「Google AdSense」、Yahoo!JAPANのサービスは「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」と呼ばれている。

上記のようなサービスを利用することで、多くのWEBサイトに広告を出稿できるようになることがメリットとしてあげられる。

・SMM

SMMとは、「Social Media Marketing」の略語で、Facebook、TwitterなどのSNSを自社で運用し、ユーザとコミュニケーションをとりながらWebサイトへの集客を行う手法である。

ユーザ同士がシェアすることで情報が拡散できたり、良い情報を提供していくことで自社に対してのブランドイメージを向上させることが可能となる。

・SNS広告

SNS広告とは、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSに配信する広告のことである。

SNSは性別、年齢などのユーザの属性データや趣味趣向のデータを所有していることから、ターゲット層に的確に広告を表示することができる。また、ユーザのタイムラインに表示されるため、リーチされやすいことがメリットとしてあげられる。

・純広告

純広告とは、特定の媒体の特定の枠に広告を掲載する「バナー広告やテキスト広告などのこと」を指す。

Yahoo!のトップページにあるバナー広告などが代表的な例である。

ある程度の規模のWEBサイトで販売されており、多くのユーザにリーチすることができるメリットがある。

分類2:コンバージョン

・LPO

LPOとは、「Landing Page Optimization」の略語で、「ランディングページ最適化」と呼ばれている。

ランディングページとは、ユーザが最初に訪れるページのことを指す。WEBサイトとは別に作成されることが多く、よりコンバージョン率を向上させることを目的としている。ユーザが求めている情報を容易に入手出来るようにすることで途中で離脱しないように最適化していく必要がある。

・EFO

EFOとは、「Entry Form Optimization」の略語で、「入力フォームの最適化」のことを指す。

ユーザがアクション(購入や資料請求)をおこす際には、入力フォームは避けて通れない。この入力フォームでエラーが頻発したり、入力し直しになるとストレスを感じ、途中放棄し離脱してしまう。それを改善するために、入力フォームのアシスト機能を加えるなどの最適化をしていく必要がある。

・オンライン接客ツール

オンライン接客ツールとは、チャットで問い合わせできるなどのリアルタイムで「接客」できるツールのことである。

これまでのWEBサイトの問い合わせはメールや電話で行われてきたが、すぐに解決できないと考えられ、離脱されているケースがあった。そこで、WEBサイト上で実店舗と同様にユーザ毎に接客を行えるツールを導入することで、離脱率低減やコンバージョン率向上することを目的としている。

分類3:リピート率の向上

・メールマーケティング

メールマーケティングとは、メルマガのように全員に一斉にメールを送るのではなく、ユーザの属性に適した内容のメールを配信しWEBサイトへリピートすることを促す手法である。

ステップメールやターゲティングメールなどがあり、それぞれはユーザの行動をサポートをしたり、次のアクションを促したりすることを目的としている。

・リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、WEBサイトを訪れたことがあるユーザに対して広告を配信する手法である。

興味を持っているユーザに広告を配信できるため、コンバージョン率を向上させることができる。Googleでは「リマーケティング」、Yahoo!では「サイトリターゲティング」と呼ばれている。

サイトにどのWEBマーケティングの手法を実施していくかは、何を目的にするかで異なる。 すべての手法を行うのはコストの面でなかなか難しいと思われるので、まずは目的を明確にし、どの手法を実施していくのかを検討するのが良いと思われる。

タイトルとURLをコピーしました