士業HPに載せる文章は誰が書くのが良い?

ライティング

皆さんがHPを作られて、「検索上位を目指したい!競合のサイトよりも上に表示させたい」、と思ったとき、どのような対策を考える必要があるでしょうか?
例えば、
・被リンクがつくようなサイトを目指す
・コンテンツを充実させる
・サイトの導線を分かりやすくする
・キーワードなどを考える

などなど、様々なものが思いつくのではないかと思います。
今回はその中でも、コンテンツを充実させるために書く記事についてご案内します。

コンテンツの評価

まず、コンテンツが評価される、というのはどういうことでしょうか。基本的に、Googleのポリシーに沿っているWEBサイトが評価されるという大原則があります。

googleのポリシーとは

GoogleのWEBサイトによれば、「Google は Google 検索を通じてみなさんが見つける情報について、いつも気を配っています。そのため、ユーザーを第一に考えた一貫性のある取り組みを目指しています。」   「Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」

という使命を持っています。これによって日々アルゴリズムを改善しています。

つまり、Googleは、「検索ユーザーにとって、早く、検索目的を達成できるWEBサイトが上位に表示されることでユーザーの役に立つ」、と考えていることが分かります。

あなたのWEBサイトが評価されるには

それではここで、あなたのサイトが評価されるためには何を考えたらよいのでしょうか。

・具体的な検索ユーザーを想定してみる
・具体的な検索キーワードを想定してみる
・何がWEBサイトにあれば、検索ユーザーの役に立つかを考えてみる
・どのような内容の記事を書けば、検索ユーザーの役に立つか考えてみる

このような視点でサイトを運営していくことが大切です。
特に士業のHPにおいて、専門家の持っている知識は検索ユーザーにとってとても役に立つ内容です。ですので、自分で記事化して、サイトのコンテンツにしていくことで、より多くの検索ユーザーの満足度を高めることができます。

今まで業務を通して得た経験、専門知識、最新の事例など、専門家が自身の視点から文章で表現することで、記事の質が大幅に上がり、評価されることになります。少しぐらい文章が拙くても、ユーザーにとって欲しい情報がそこに載っていることに大きな意味があります。

記事の内容を見直す視点を持つことで、自社のターゲットや提供できる価値についても、改めて見直すきっかけにつながります。是非士業の皆様も、自身の専門知識で記事を書いて、SEOで評価されるコンテンツを作ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました