司法書士がホームページを公開したら作成しておきたいコンテンツ

司法書士ホームページ WEBマーケティング

新人がターゲットにするなら個人のお客様

非常に難関な国家試験を突破して司法書士として独立開業したのであれば、収益を挙げて事務所を成功させたいものです。

司法書士として業務をおこなう場合にはターゲットが個人と金融機関を始めとした法人の2種類が存在していると考えましょう。

そして、新人司法書士が業務として開拓しやすいのは、既に他の司法書士ががっちりと既得権益として押さえている法人との業務よりも、個人の業務を開拓したほうが、より早く成果を期待できるのではないでしょうか。

また、個人をターゲットとした業務の方が、ホームページでアピールしやすいので、集客に適していることも理由となります。

ホームページは魔法のツールではないことを理解しよう

当たり前ですが、ホームページは作成して公開していれば、簡単に集客されて収益があがるといった簡単なものではありません。

集客できるためのホームページのポイントを押さえて、さらにお客様にあなたの考えが伝わるようにしなければいけませんので、なかなか難しい作業になるでしょう。

ですが、上記のようなことができているホームページであれば、集客の効果は同業事務所よりも高くなっていくでしょう。

司法書士を始めとして士業に依頼を考えている方は、抱えている何かの悩みを解決できる専門家を探しています。

あなたは司法書士なわけですから、司法書士に仕事を依頼してくるお客様の内容をある程度は理解しているはずです。

ですから、お客様の目線になって、煩雑な手続きの内容をかみ砕くように解説することで、あなたのホームページを閲覧したお客様は、ネットの中ですら親切でわかりやすく説明してくれているわけだから、依頼した場合にも丁寧な対応をしてくれるに違いないといった、信頼を勝ち取ることができるわけです。

最初にも述べましたが、ホームページは魔法のツールではありませんが、司法書士事務所の業務に適したコンテンツをホームページに掲載することで、同業事務所と比較にならないくらいの効果を上げることも可能なホームページになるのです。

次項からは、司法書士がホームページを作成した場合に、絶対に作成しておきたいコンテンツについて、簡単に解説していきます。

なぜ他ではなく、あなたに依頼したほうがいい理由

司法書士は、あなた以外にもたくさん事務所を開設しています。

多くの司法書士事務所の中から、あなたの事務所をお客様に選んでいただくためには、あなたに依頼することで、お客様にどのようなメリットが発生するかを明確に表示できていることが必要となるでしょう。

抱えている悩みが、必ずしも司法書士を始めとした専門家に依頼しなければ絶対に解決しないものではない以上、依頼をいただくためには、なぜ司法書士に依頼したほうがいいのかを、しっかりとお客様に伝えることができていなければ、問い合わせから依頼へと繋がっていくことはなかなか難しくなるでしょう。

司法書士の業務を一般の方が自身でおこなうことは不可能ではありませんが、専門的な知識がない状態でおこなえば、当然ですが時間は依頼した場合と比較して何倍も必要となります。

加えて手続きのミスなどで、予想していない損害が発生するなどのリスクが自分でおこなう場合には想定される可能性があるわけです。

上記のように、不安を意図的に煽ることはありませんが、司法書士に依頼した場合と依頼しない場合といった比較記事や表を作成したり、「当事務所が選ばれる理由」といったページを作成して、あなたの事務所に依頼したほうが結果としてお客様の利益に繋がることを伝えるようにできると、効果的になるでしょう。

ホームページに掲載するコンテンツを考える

お客様が安心感と信頼感を覚えるコンテンツを作成しよう

お客様に、安心感と信頼感を与えるコンテンツは、ホームページの必須コンテンツといえるでしょう。

司法書士に依頼するかどうかを考えている、お客様は解決したい悩みを抱えているからです。

司法書士事務所にとっては、定番の業務で慣れているかもしれませんが、司法書士に依頼しなくてはいけないような悩みに直面したお客様は、人生で初の大きな出来事を解決することに、頭を抱えている可能性も高いわけです。

上記の悩みは、依頼する司法書士が安心を与えてくれて信頼できる人物であると判断されることで、あとは任せておけば解決するという気持ちが働いて大きく改善していくものです。

ホームページで安心感と信頼感を与えるためには、トップページの内容を重要視するようにしましょう。

あなた自身の写真を掲載して、どのような人物が電話や対面で相手になるかといった不安を取り除くことができます。

写真に関しては、長く使用するものであることを考慮して、お金を掛けてでもプロのカメラマンに撮影を依頼したほうがいいでしょう。

あなたが最高の写真だと思っている自分で撮影したものであっても、プロの目線で見れば安心感や信頼感を出すには足りないと判断されることもあります。

あくまでも、ホームページを閲覧して、あなたに依頼するかどうかの選択は、お客様側にあるのだという事実を忘れないでください。

お客様の抱えている不安を解消するコンテンツを作成しよう

ホームページを閲覧している、お客様はほぼ全てがあなたのことを初めて知ることになるでしょう。

となると、いきなりこの事務所に依頼していいものかは、対面して判断できていないだけに、対面の場合よりもインターネットから依頼する場合の方が、ハードルが高くなってしまいます。

このような不安を感じている方への有効なコンテンツとしては、既にあなたが依頼を受けて業務を完了させている、お客様の声を掲載して依頼前と依頼後でどのような変化したのかを、第三者目線のリアルな声を提供することで、お客様自身が声に共感して不安をある程度取り除くことが可能になります。

また業務終了後に予期せぬ問題が発生した場合、どのようなアフターフォローをおこなうかについても記載しておくと、想定外の事態でも相談すればいいから安心できるとなり、依頼に繋がりやすくなっていくでしょう。

また、司法書士をはじめ士業の報酬は一般的に高額であると思われていますので、料金の明細に関しては、分かりやすく正確な金額を記載しておきましょう。

くれぐれも、後になって追加の費用も必要ですといった後出しじゃんけんのようなことをおこなわないようにしてください。

正確な費用が把握できていないと、いくら費用は必要か不明なお客様は逆に料金表があることで不安になってしまいます。
不安を解消して依頼をいただくためには、ホームページに掲載する情報は料金を含めて、正確であることは非常に重要なことなのです。

まとめ

今回は司法書士が独立開業してホームページを作成する場合に、ホームページに掲載しておきたいコンテンツについて解説してきました。

紹介してきたコンテンツだけで、ホームページが完璧になるわけではありませんので、最低限紹介したコンテンツを公開したあとも、継続的な更新でホームページの価値を上げていくことが大切になることは、覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました