弁護士事務所がホームページで集客を実現するために覚えておくこと

弁護士ホームページ WEBマーケティング

ホームページを開設するだけでは意味がない

司法制度改革の結果として、弁護士の数は一気に増加することになりました。

昔であれば、数が少ないために同業事務所と同じような業務をしていたとしても、依頼が途切れなかった時代もあったのでしょうが、現在のように乱立するようになると、同業事務所と同じような業務をするだけでは、お客様に選ばれる可能性が少なくなっています。

また、インターネットの発達とスマートフォンの爆発的な普及により、誰でも情報を検索してある程度の知識を蓄えることができるようになりしたので、弁護士事務所に対する選別基準も、昔よりも遥かに厳しくなっていることを覚悟しておきましょう。

独立開業した弁護士事務所は、現在は100%近い割合でホームページを開設すると思います。

ホームページでは、あなたのことを知らない方にアピールして依頼をいただかなくてはいけませんので、情報をどのように伝えるかが、対面や電話以上に重要となってきます。

ホームページは開設して放置しているだけでは、意味のないものです。

せっかくお金をかけて開設したホームページを意味のあるものにするために、今回は、あなたの事務所が、同業事務所以上にお客様に選ばれるために必要なことを解説していきます。

弁護士であるあなた自身を商品としてアピールしよう

代表挨拶の重要性

ホームページを閲覧する方は、ほとんどがあなたのことを知りませんので、事務所の代表者である、弁護士の挨拶は信頼感を高めるために、非常に重要な部分となります。

これまでの経歴や得意分野などを掲載して、あなた自身をアピールすることも大切ですし、他の弁護士とはどのように違いがあるかを知らせるためのコンテンツとして利用するといいでしょう。

代表挨拶のコンテンツを掲載するのであれば、挨拶のページには、あなた自身の写真を掲載しておくことも忘れないようにしましょう。

事務所の想いや理念はなにか?

弁護士事務所だけでなく士業事務所に必要なのは、代表者であるあなたが事務所を開業したときの想いや理念になります。

想いや理念の部分はコンテンツとして実際に掲載する前に、競合事務所を十分に研究するようにしましょう。

競合と似たようなものですと、新規で実績が少ない事務所の方が、どうしても不利になりがちですが、他とは似ていない想いや理念で、共感を得ることができれば、新規開業事務所であっても、十分にお客様に選んでいただくことは可能になってきます。

上記の代表挨拶と写真も含めて、トップページの目立つ部分に掲載するようにしましょう。

ホームページは、アクセスして一瞬でいいか悪いかを判断されますので、わざわざクリックしてページを進まないと見られないような代表挨拶などは、基本的に余程の事がない限りは見られないと思っておいてください。

取り扱い業務をわかりやすく記載しよう

業務紹介は事務所の得意分野に特化しよう

弁護士は法律職の中でも、ほぼ全ての範囲の業務を請け負うことが可能となっています。

ですが、実際に1つの弁護士事務所で存在する全ての業務に対応するということは、物量的に事実上不可能なことになるのは理解できるでしょう。

また、依頼を考えている方は、自分の抱えている悩みを早く・より正確に解消してくれるのは、どの事務所だろうという思いで探していますので、どのような業務でもこなせますでは、依頼をしようという気持ちにあまり響かないことになります。

依頼をしたいと気持ちを持ってもらうためには、事務所の業務の柱を3つ以内に定めておき、同業事務所よりも専門性が高い事務所であることをアピールすることがポイントになるでしょう。

あなた自身やサービスや商品を提供される側になった場合に、なんでもできますとアピールされた場合と、○○については誰にも負けないほどの専門性をもっていますとアピールされた場合のどちらにお願いしたくなるかを考えていけば、おのずと答えは出てくるのではないでしょうか。

弁護士もサービス業ですので、顧客のニーズを把握して、よりきめ細やかなサービスを提供するように変化していかなければ、この先生き残ることは厳しいでしょう。

昔のように、机にふんぞり返って偉そうにしていても依頼が途絶える事がない時代は、とっくに過ぎ去ったことを理解してください。

今の時代に上記のような横柄な態度をお客様に見せればたちまち、あなたの事務所の評判は地に落ちることになるでしょうから、十分に注意してください。

依頼から業務終了までの流れをわかりやすく

弁護士が扱う裁判は、一般の方は人生で経験することすら1回あるかなういかという場合もありますので、依頼を受任してから業務終了までの流れを、わかりやすく解説してホームページにコンテンツとして掲載しておくと、より安心感が増すことでしょう。

ただ、あまりにも細かい手続きまで記載してしまうと、専門用語の羅列となり、流れを掲載したことが逆効果になりかねませんので、裁判の場合ではこのような流れで進んでいきますというように、大まかな流れをわかりやすく記載しておくことがポイントになります。

依頼を受任できる範囲を明確にしておこう

理想としては北海道から沖縄まで、全ての地域の方の依頼を受けることができることが最高であることは確かです。

ですが、事務所から距離が離れていると、移動費用など、本来依頼とは関係ない部分にまでお金がかかってしまい、結果として高額な費用をお客様に請求しなければいけませんし、あなた自身も毎回遠方まで出かけるのは、時間を有効に使えているとはいえません。

ホームページを作成後は、ネット広告を出稿しようと考えている場合にも有効になりますが、予め依頼に対応できる地域は明示しておくようにしましょう。

地域を決めておくことで、検索エンジンでも指定キーワードで上位表示されやすくなりますし、広告の場合であれば指定した地域以外の方が指定キーワードで検索した場合には、広告が表示されないことで、コスト削減にも繋がります。

これまでの実績は残らず掲載しよう

弁護士の場合には、いきなり独立開業する方は非常に少ないでしょうから、独立開業した段階で、ある程度の実績は残していると思います。

新規開業事務所ですと、依頼を迷っている方は、本当に依頼して大丈夫だろうかと不安がありますから、独立前におこなってきた仕事の実績は残さずに掲載しておくといいでしょう。

また、あなた自身で自分の実績をアピールするだけではなく、実際に担当したお客様の声をいただいておき、その内容を自筆の手紙やメールなどを紹介することで、お客様自身に実際の声を重ね合わせて考えることで、より依頼に繋がりやすくなるでしょう。

報酬額は明確に表示しよう

弁護士をはじめとして、専門家に依頼する場合に最も気になる部分としてあるのが、依頼した場合に、どれくらいの費用が必要となるかになるでしょう。

特に弁護士の場合には、依頼するにも着手金が数十万円必要となりますので、依頼から業務終了までに、合計でどの程度の費用が必要となるのは、依頼を決断させる要素として必要なことなのです。

報酬額は簡単な金額はトップページに掲載しておき、より詳しい金額については、報酬体系のページをホームページ内に作成して、項目ごとに詳細を説明することで、不安なく安心して依頼をいただける体制を構築するようにしましょう。

まとめ

今回は、弁護士として独立開業して、ホームページで集客を実現するために覚えておきたい事を解説してきました。

弁護士も競争が激しい時代になっていますので、ホームページの完成度を上げて、あなた自身の価値もあげつつ、成功への道を歩んでいっていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました