士業がホームページからの集客を成功させるために理解しておくこと

士業ホームページ集客 WEBマーケティング

士業はホームページから集客することに向いている業種

ホームページを作成しないことはマイナス要素でしかない

ベテランの士業の方は、実体験の記憶があるでしょうから理解できると思いますが、士業がお客様を獲得する大きな手段は、友人・知人・既存のお客様などから、新たなお客様を紹介していただくことでした。

現在でも、紹介からお客様に繋がることはありますが、インターネットの発達とスマートフォンが1人1台普及した現在においては、依頼をする前に士業をお客様が選別できる時代となってきています。

インターネットは今後もますます便利に使いやすく改善されてきますので、今後の士業において、ホームページから集客をおこなわないことは、事務所の収益に大きな影響を与えることになることは、理解しておく必要があるのではないでしょうか。

本気で独立開業をして、収益を雇われていた時代よりも多くしたいのであれば、ホームページからの集客は絶対に取り入れましょう。

ホームページを集客に活用することの利点

ホームページを集客に利用することで、考えられるメリットは多く存在しています。ここでは簡単にメリットを紹介しておきますので、確認してみてください。

お客様への信頼感や安心感がアップする

あなたのことを知らないお客様にとっては、ホームページにアクセスして、どのような業務をおこなっているかを知り、あなたのプロフィールや写真などで、どのような人物であるかを判断することができます。

士業は他の業種と比較しても信頼感や安心感がなければ依頼に繋がりにくいだけに、ホームページでどのような人物や事務所であるかを紹介しておくことは、お客様の不安を取り除くために非常に重要となるのです。

業務特化型ホームページで専門性をアピール可能

ホームページは表現方法でどのようにでも、見せ方を変えることはできます。

多くの同業事務所のページに埋没しないためには、あなたの専門業務を1つだけピックアップして、ホームページを業務特化型のページとして完成させることで、あなたの専門性を際立たせることが可能です。

専門性を挙げることで、よりそのジャンルの業務を依頼したいお客様からの信頼感と安心感を獲得することができ、あなた自身も無駄な業務に割く時間を省けるなど、コスト面での改善も見込めます。

公開すれば、24時間365日宣伝が可能となる

ホームページは公開できれば、休みなくあなたの事務所や業務を不特定多数に宣伝してくれる、非常に有能な営業ツールとなります。

また、ホームページの内容をアクセスするユーザーに役に立つものにすることで、ホームページの価値があがり、効果がさらに高くなってきます。

いきなり電話では抵抗のある方へのクッションとなることもできる

士業に依頼をするのは、意外とハードルが高いことは、士業であるあなた自身でも理解できると思います。

馴染みの薄い専門家にいきなり電話で問い合わせをすることは、いくらある種の悩みを抱えているといっても抵抗があることに変わりはありません。

そのようなハードルを下げるためにもお問合せフォームを設置したり、事務所のLINE公式アカウントを用意して、LINEで相談できるようにするなど、相談までのハードルを下げることで、依頼に繋がりやすくなってきます。

アナログ営業はオススメできない

昔からの手法であるアナログ営業も、全く効果がないわけではありませんが、士業の場合には訪問や電話をした相手が、そもそもあなたが専門としている業務を必要としているかどうかすら、わからないことがあります。

数多くの訪問や電話での営業をこなしたとしても、ターゲットを外れていては、完全に無駄な努力に終わってしまう可能性も考えておかなくてはいけないでしょう。

士業にはそれぞれ専門分野があり、必要としているお客様が異なる以上、アナログでの営業手法よりも、ホームページをブラッシュアップして、アクセスしていただくほうが、結果として効果が高くなるといえるでしょう。

あなたのホームページの価値を高めるための方法を理解しよう

ホームページはレシポンシブデザインにすること

パソコンとスマートフォンの普及率を国が定期的に発表しているデータがあるのですが、そのデータによると現在はスマートフォンの普及率がパソコンを上回っています。

データには男女別の普及データも公表されていますが、男性よりも女性はスマートフォンの方が圧倒的にパソコンよりも普及率が高いことが特徴となっています。

上記のデータから考えても、ホームページがスマートフォンで最適化されて表示されない場合には、せっかくアクセスされてもスルーされていまい、大きな機会損失を生んでいる可能性があるわけです。

これからホームページを作成するのであれば、絶対にスマートフォンにもパソコンにも最適化されて表示されるレシポンシブデザインのホームページを作成しましょう。

あなたの業務のターゲットが女性の方のみという場合には、思い切ってスマートフォンサイトだけにするという方法もあるでしょう。

開業時には資金面で苦労するものですから、コストを削減して最大の効果を得るためにはどうすればいいかを考えて、スマートフォンサイトに特化することも十分に効果的だと思われます。

最低限のSEO対策をおこなおう

SEO対策とは、GoogleやYahoo!が提供している検索エンジンに、ホームページを最適化することをいいます。

日本ではGoogleとYahoo!で検索エンジンの90%以上のシェアを占めており、Yahoo!の検索サービスもGoogleの検索エンジンを使用していますので、Googleに最適化することで、自然にYahoo!での検索結果も上位に表示されてくることとなります。

あなたは興味のあるキーワードで検索した場合に検索順位のどこまでを真剣に見ているでしょうか?

データによりますと、検索結果1ページ目の一番下に表示される10位ですら、1.64%しかクリックされないという、非常に残酷なデータが公表されています。

1ページ目ですら先程のクリック率ですから、2ページ目3ページ目になると、事実上クリックされることは稀にしかないと考えておくほうが無難といえるのではないでしょうか。

数年前までGoogleが検索エンジンのアップデートをおこなうまでは、本当に役に立つか不明なサイトが、検索して上位に表示されることがありました。

いい方は悪いですが、ある種のテクニックを利用して、Googleのエンジンを欺いていたわけです。

しかし、Googleの何回かにわたるアップデートによって、小細工をして上位表示されていたサイトは、軒並み下位または検索結果に表示されないという悲惨な状態になってしまいました。

現在SEOでGoogleの評価を高めて順位を上げる方法は、検索したユーザーに対して本当に役に立つ情報を提供しているかどうかに尽きるといわれています。

ホームページ作成段階で、内部対策をある程度はおこなう必要はありますが、士業事務所によく電話があると思われる、SEO対策業者などに、月額数万円から数十万円という高額な費用を支払っても、順位は変動しませんので、甘い言葉には騙されないようにしましょう。

あなた自身でおこなえるコンテンツマーケティング

士業事務所の業務は、どの士業であれば、一般的な人には馴染みが薄く、専門性の高い内容となります。

このため、専門用語で書かれた業務のホームページをお客様が見た場合には、理解することができずに、依頼をしていいのかどうかすら判断できないこともあります。

ホームページは、集客を実現させるために作成するのですから、アクセスしたお客様に専門的知識がなくても理解できるような、わかりやすいコンテンツを作成することが、結果としてGoogleのユーザーに役に立つ情報として評価されやすくなってくるでしょう。

コンテンツマーケティングといわれるマーケティングの手法がありますが、コンテンツマーケティングは士業に非常に効果的なマーケティング方法ではないかと思われます。

コンテンツを定期的に作成して公開することで、事務所が動いていることが証明できることもありますし、コンテンツを増加させることでいろいろなキーワードで検索したユーザーの検索結果に表示される可能性も高くなります。

また自身でコンテンツを作成するのであれば、暇な時間に大量にコンテンツを作成しておいて、予約投稿でコンテンツをアップさせればいいだけですので、手間もコストもかからず経済的であることは、新人の士業事務所にとっては、非常にありがたいマーケティング手法だと思われます。

コンテンツを継続的に公開することで、ホームページの価値を公開当初とは比較にならないくらい高めることも可能になります。

そしてコンテンツはなくならない限り、価値が下がることはありませんので、コンテンツマーケティングを初めて数年後には、予想外の結果を生むホームページになることも十分に期待できるのです。

士業事務所を開業した方であれば、みなさん一般の方に教えるだけの知識は持っていると思いますので、法律や制度の改正であったりニュースにアンテナをはりつつ、お客様に役に立つと思われる情報を積極的にコンテンツとして公開していくようにしてください。

コンテンツマーケティングはすぐに結果がでるものではありませんので、短期的な効果がでないことで、あきらめないようにしてください。

諦めないで続ける事ができた方が、最終的にコンテンツマーケティングで勝利を掴むことができるのです。

リスティング広告を利用して短期的なキャッシュフローを確保しよう

独立開業時には、ほとんどの事務所が資金面で苦戦していますので、まずは手早くキャッシュフローを確保しなければいけません。

その場合にはSEO対策やコンテンツマーケティングで順位が上がることを待っていては、手持ちの資金がそれまでになくなってしまう可能性もありますので、大変危険です。

そこで、考えてほしいのが、ホームページを作成したらリスティング広告を運用していくことです。

ネット広告には大きく分けて「リスティング広告」「バナー広告」「サーチターゲティング広告」「リターゲティング広告」がありますが、運用のしやすさを実際にアクセス数を増加させるには、リスティング広告が最適であるといえます。

ホームページを公開した直後であれば、アクセスはほどんとありませんので、広告を出稿して少しでもアクセスを増加させて、とにかくホームページを閲覧してもらうことも、集客を実現するためには、重要な要素となります。

リスティング広告が、独立開業直後の士業に嬉しい点としては、ユーザーが検索して広告が表示されたとしても、広告料金が発生するのは、実際に広告がクリックされた場合だけということにあるでしょう。

また、1日の広告費の上限も設定できますので、例えば1日最大1000円で月に3万円までというように、自分の資金の状態に合わせて、フレキシブルに運用できることもリスティング広告をオススメする理由です。

難点があるとすれば、「会社設立」といった検索ボリュームの多い、いわゆるビックワードと呼ばれるものを設定した場合には、ワンクリックで非常に高額な費用を必要とする点になるでしょう。

ですから、リスティング広告を出稿する場合には、あなたの業務を考えて適切なキーワードを選択することで、コストを抑えることもポイントになるでしょう。

リスティング広告を出稿したいけど、運用に自信がない場合には、運用面を外注することもできますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は士業事務所の集客について、ホームページを集客に利用することの利点から、実際にホームページを運用する際に、ホームページの価値を高めていく方法について解説してきました。

多くの士業がホームページを所有する時代ですから、その中であなたがお客様に選ばれるためには、魅力があることが必要となってきます。

単に業務を紹介しているような自己紹介ページではなく、本当にお客様に有益な情報を提供して、この事務所は自分の味方となってくれると思っていただけることが、ホームページを集客に活用するためには、必要なことになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました